深礎杭の設計 Ver.9

深礎杭の設計価格 330,000円(税込)

道路橋示方書(平成29年11月)に基づき、永続・変動作用支配状況および偶発作用支配状況(レベル2地震動)に対して深礎杭の設計を行います

システム概要

「道路橋示方書・同解説(平成29年11月)」に基づき、永続・変動作用支配状況および偶発作用支配状況(レベル2地震動)に対して深礎杭の設計が行えます。解析モデルは、基礎・地盤の非線形を考慮した面内・面外ラーメン骨組みとして解析します。組杭深礎基礎・柱状体深基礎(大口径深礎)にも対応でき、地層折れ点や、地層(砂質土・粘性土・軟岩・硬岩)にも対応できます。

適応基準・参考文献

適用基準

  • 道路橋示方書・同解説Ⅰ 共通編  平成29年11月(日本道路協会)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅲ コンクリート橋・コンクリート部材編
      平成29年11月(日本道路協会)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅳ 下部構造編  平成29年11月(日本道路協会)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅴ 耐震設計編  平成29年11月(日本道路協会)

参考文献

  • 設計要領 第二集 橋梁建設編  平成24年7月(東、中、西日本高速道路)
  • 斜面上の深礎基礎設計施工便覧  平成24年4月(日本道路協会)
  • 道路橋の耐震設計に関する資料  平成10年1月(日本道路協会)

機能および制限
(性能規定型設計及び部分係数法の導入)

  • 計算モデルは下記のとおりです。
    深礎杭の設計
  • 杭の本数は3本まで対応できます。
  • 配筋は永続・変動作用支配、レベル2地震動とも3段配筋までできます。
  • 地盤の層は5層までとし、地層面は18点までの折線で構成できます。
  • 杭径は0.5~20m、杭長は3~40mに対応しています。
  • 橋台(逆T式橋台・重力式橋台)、橋脚のレベル2地震動に対する設計ができます。
  • 底版の断面照査設定ができます。
    底版部材をラーメンモデルで作成して頂き、照査位置を設定して頂くと底版設計時に下記の2通りの計算を行います。
     ①骨組の断面力で底版設計を行う。
     ②片持ち梁として底版設計を行う。
    深礎杭の設計
  • 各指針により有効載荷幅を変更できます。
     ※道路橋示方書とネクスコ指針で多少の違いが有るため。
  • レベル2地震動のタイプⅠ、Ⅱの同時計算が出来ます。
  • 変位急増点をLogP~Logδにより求める事ができます。
    任意に降伏αを変更し「再判定」する事ができます。
  • 変位急増点については推奨値を示しています。ユーザー判断で変更できます。
  • 面外方向の計算時に等変位節点を指定することができます。
  • 大口径深礎の場合、杭底面に連成バネを考慮できます。
  • 杭の側面抵抗を考慮しない・軸線上に考慮・軸線離を考慮の3つから選択できます。
  • 前列杭の影響を考慮することができます。
  • 群杭によるバネの低減が杭の各列で行う事ができます。
    深礎杭の設計
  • 一般部材の形状寸法を入力するだけで断面積・ねじり定数・断面2次モーメントを自動算出する補助機能があります。
  • 計算後、荷重・軸力図・せん断図・モーメント図・変位図などを画面上で確認できます。
  • 耐震バネ(固有周期連動可能)の計算ができます。
  • 深礎杭の各杭で底面の地盤定数が設定できます。
  • 「逆T式橋台の設計Ver.6」「重力式橋台の設計Ver.6」 「RC橋脚の設計Ver.7」より作用力が連動できます。
    永続・変動作用支配、レベル2地震動に対して、面内方向のみに連動できます。
    奥行き方向杭列本数を入れて頂く事で負担率に置き換えます。任意入力も可能です。
    但し、底版ラーメンモデルには連動出来ません。
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動に対して、杭体に任意荷重を考慮することができます。
    「荷重図」で任意荷重状態が見れます。
    深礎杭の設計
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動において、底版設計が行えます。
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動において、杭頭結合部の設計が行えます。
  • 施工方法はライナープレートとモルタルライニングが選択できます。
  • 極限水平支持力の上限値に使用する受動土圧の適用が選択できます。
  • 大口径深礎杭のように底板が無い場合にKhpの上限値を外すことができます。
  • 固有周期を入力する事で自動的に設計水平震度を計算します。
  • 水平方向の地盤反力係数の計算で使用する変形係数の取り扱いが選択できます。
  • 各杭部材でかぶり及びスターラップの条件が変更できます。
  • 杭頭結合部の照査で、仮想RC断面の計算を令和2年発行の「杭基礎便覧」に準じ改定しました。

入出力

  • 応力計算結果を画面表示し判定確認ができます。
  • 永続・変動作用支配で各ケースの杭番号ごとのMmax、1/2Mmax、Smaxの値を出力できます。
  • 周面バネの適用を施工区分で分類しています。
    【ライナープレート】:周面バネ無視
    【モルタルライニング】:周面バネ考慮 ⇒3つのバネ条件選択可能
  • レベル2地震動では耐震性能を有しているかを結果画面に表示しています。
  • レベル2地震動では変位急増点の結果を結果画面で見る事ができます。
  • 底版をラーメンモデルで作成した場合は、骨組断面力と片持ち梁の断面力の両方で照査することができます。

計算機能

  • 耐震バネの機能を有します。
  • 公称径、設計径を別入力できます。
    【公称径】:安定計算、断面力計算に使用します。
    【設計径】:断面計算、M-φ計算、せん断耐力計算に使用します。
  • 標準的なコンクリート、鉄筋については、名称を選択することで特性値を適用することができ、特殊な材料も1つ追加登録することができます。
  • 調査・解析係数、部材・構造係数など部分係数の値を編集することができます。
  • 断面計算時に【Smax】ボタンをクリックすることで、最大せん断力位置の断面照査が簡単に行なえます。
  • 断面計算時に鉄筋量を保存できます。
  • 耐震バネを固有周期に連動します。
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動で、当社製品の「逆T式橋台Ver.6」 「重力式橋台の設計Ver.6」「RC橋脚の設計Ver.7」から作用力を連動できます。
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動で、杭体に任意荷重を作用させる事ができます。
  • レベル2地震動で変位急増点をLogP~Logδより求めることができます。
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動で、底版の設計ができます。
  • 永続・変動作用支配、レベル2地震動で、杭頭結合部の設計ができます。

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

他商品とのデータ連動

下記商品の【データ読み込み】ができます。
但し、底版のラーメンモデルには連動出来ません。
あくまでも、底版下面作用力を連動します。

逆T式橋台の設計Ver.6
重力式橋台の設計Ver.6
RC橋脚の設計Ver.7
作用力(永続・変動作用支配、偶発作用支配(レベル2地震動))

下記の商品上にて【データ読み込み】ができます。

固有周期の計算Ver.7 耐震バネ

サブスクリプション

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 66,000円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

杭基礎の設計
杭基礎の耐震設計
RC橋脚の設計

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから