エクシードシリーズ

杭基礎の設計(H24年道示版)

杭基礎の設計(H24年道示版)

  • 概要・特徴
  • 機能・仕様
  • 価格・購入
杭基礎の設計(H24年道示版)

杭基礎の設計(H24年道示版)

「道路橋示方書(平成24年3月)」に準拠し、支持力の計算・安定計算・断面計算・杭頭処理・液状化の検討・杭比較表・形式選定などの検討を行います。

価格: 275,000円(税込)

システム概要

主として「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編(平成24年3月)」に準拠し、底版を剛体と仮定し杭基礎全体の変位(底版の変位)を杭頭部のバネマトリックスを介して、杭基礎全体に作用する水平力、鉛直力、回転モーメントの釣り合い式より変位を求める変位法により、安定計算を行っています。
他にも液状化の検討・支持力の計算・断面計算・杭頭処理・杭比較表・形式選定などの検討が行えます。

杭基礎の設計(H24年道示版)_全体画面
全体画面
杭基礎の設計(H24年道示版)_入力 支持力計算 杭条件
入力 支持力計算 杭条件
杭基礎の設計(H24年道示版)_入力 安定計算 杭配置
入力 安定計算 杭配置
杭基礎の設計(H24年道示版)_入力 杭頭処理 基本データ
入力 杭頭処理 基本データ
杭基礎の設計(H24年道示版)_計算結果 支持力
計算結果 支持力
杭基礎の設計(H24年道示版)_計算結果 断面計算(応力度計算)
計算結果 断面計算(応力度計算)
杭基礎の設計(H24年道示版)_杭配置図 安定計算
杭配置図 安定計算
杭基礎の設計(H24年道示版)_柱状図 支持力計算
柱状図 支持力計算
杭基礎の設計(H24年道示版)_杭種選定
杭種選定
杭基礎の設計(H24年道示版)_杭比較表
杭比較表
杭基礎の設計(H24年道示版)_ヘルプ画面
ヘルプ画面
杭基礎の設計(H24年道示版)_印刷プレビュー
印刷プレビュー

適用基準・参考文献

  • 道路橋示方書・同解説Ⅳ 下部構造編  平成24年3月(日本道路協会)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅴ 耐震設計編  平成24年3月(日本道路協会)
  • 杭基礎設計便覧  平成27年3月(日本道路協会)
  • 杭基礎施工便覧  平成27年3月(日本道路協会)
  • 道路橋の耐震設計に関する資料  平成9年3月(日本道路協会)

機能および制限

液状化の検討

  • 地震時の液状化の判定を行い、レベル1、レベル2(タイプⅠ・タイプⅡ)の低減係数Deを計算します。
  • 流動化の判定を行います。
  • 流動化時、レベル1、レベル2(タイプⅠ・タイプⅡ)の耐震設計地盤面を設定します。
  • 地層数は30層:N値は80個まで設定できます。
  • レベル1、レベル2(タイプⅠ、タイプⅡ)の地盤面設計水平震度KhgLを任意入力できます。

支持力計算

  • 液状化する場合としない場合の支持力計算ができます。
  • 異長杭の支持力計算ができます。
  • 許容押込み力、許容引抜き力、横方向地盤反力係数KH、軸方向地盤反力係数KV、地盤種別の計算を行います。
  • レベル2地震時の極限支持力(タイプⅠ、タイプⅡ)の計算をし、「杭基礎の耐震設計(H24年道示版)」に連動します。
  • 杭種は次の7種類です。
    ①鋼管杭 ②RC杭 ③PHC杭 ④場所打杭 ⑤SC杭 ⑥鋼管ソイルセメント杭 ⑦H鋼杭
  • 杭の施工方法は次の7種類です。
    ①打込み杭工法(打撃) ②打込み杭工法(バイブロハンマ) ③場所打ち杭工法 ④中掘り杭工法 ⑤プレボーリング杭工法 ⑥鋼管ソイルセメント杭工法 ⑦回転杭工法
  • 杭の支持形式は次の3 種類です。
    ①支持杭 ②摩擦杭 ③支持杭と同等な安全率を有する摩擦杭
  • 支持杭の場合、支持層への根入れ長の照査が出来ます。
  • 薄層支持の場合の杭先端支持力の計算ができます。
    (場所打ち杭・鋼管ソイルセメント杭・鋼管杭(中堀り杭工法セメントミルク攪拌方式))
  • 岩盤を支持層とする杭先端支持力の計算ができます。
    (場所打ち杭・鋼管杭・中堀り杭工法(セメントミルク攪拌方式)・プレボーリング杭工法)
  • 斜杭の杭長の取り方を選択できます。
  • 支持層の選定機能として支持層より下に粘性土が有る場合は圧密沈下の影響が検討できます。
  • プレボーリング工法の場合に1/βの範囲の周面摩擦力を無視して計算できます。
  • 回転杭工法の場合の先端支持力と周面摩擦力の計算方法は、道示と杭基礎便覧が選択できます。

安定計算

  • 安定計算及び杭の地中部断面力の計算ができます。
  • 橋脚の水平変位の制限緩和の計算ができます。
  • 回転杭工法の計算ができます。
  • H鋼杭の「強軸、弱軸」の計算ができ、腐食代も考慮できます。
  • 異長杭の安定計算ができます。
  • 底版の前面抵抗を考慮できます。
  • 杭体に水平荷重外力を載荷できます。
  • 斜杭の場合の杭長の取り方が選択できます。
  • 鉛直バネ算出の係数「a」の任意入力ができます。
  • 半無限長杭・有限長杭・多層地盤系の杭が扱えます。
    (1層地盤でβlが3以上の場合には、半無限長杭として計算)
  • 杭の列数は、橋軸方向・橋軸直角方向とも30列まで入力できます。
  • 安定計算で、一度に計算できる荷重ケースは50ケースです。
  • 杭の中抜き本数は40本までできます。
  • 群杭効果を考慮できます。
  • SC杭の下杭をPHC杭、SC杭より選定できます。
  • プレボーリング工法の場合に1/βの範囲の水平バネを無視して計算できます。
  • 軸方向押し込み支持力の計算で群杭の影響がある場合、「単杭」として計算するか「仮想ケーソン」かの選択ができます。

杭の断面計算

  • Mma、1/2Mmax、Smax、任意点の位置での照査ができます。
  • 異長杭の断面計算ができます。
  • 水平変位を緩和した杭の断面計算ができます。
  • 負の周面摩擦考慮時の杭体照査が行えます。
  • 場所打杭ではせん断応力度がNGの場合、スターラップの計算を行います。
  • 既成杭でせん断照査断面の矩形換算の有無が選択できます。
  • 場所打杭では最小最大鉄筋量の照査ができます。
  • RC杭、PHC杭では、換算断面積、換算断面係数などの諸定数を自動選択します。
  • PHC杭では、カットオフの照査が行えます。
  • 荷重選択ボタンを設けています。(Nmax、Nmin時)
  • 計算結果のデータ保存が出来ます。
  • 鋼管杭、鋼管ソイルセメント杭の場合、現場溶接部の許容応力度の低減率を考慮できます。
  • 高強度鉄筋(SD390、SD490)に対応でき、軸方向鉄筋と斜引張鉄筋の許容値をそれぞれ入力できます。
  • 場所打ち杭の鉄筋かご無溶接工法として、横置き時・吊り下げ時の補強リングの設計・固定金具の設計ができます。
  • 応力度計算結果一覧をEXCELに出力できます。

杭頭処理

  • 一度に50ケースまで計算できます。
  • 異長杭の杭頭処理の計算ができます。
  • 結合方法は、方法A(旧:道示)にも対応しています。
  • Mmax、Nmax、Nminの荷重ケースを自動選択できます。
  • 端部杭の押抜きせん断照査ができます。
  • 計算結果のデータ保存が出来ます。
  • 支圧応力度、押抜きせん断応力度の計算をする、しないの選択ができます。
  • 仮想RC断面の照査方法で、降伏耐力の照査又は、応力度照査が選択できます。

杭比較表

  • 計算実行されたデータを読み込んで比較表を作成します。(底版単価、基礎単価、経費率は入力です。)
  • 一度に12ケースまで表を作成できます。

杭選定表

  • 基礎に関わる諸条件より杭を選定します。(道路橋示方書 参考資料1「基礎形式選定表」参照)

価格

杭基礎の設計(H24年道示版) 

新規購入費 
(初年度サブスクリプション費用含む)
275,000円(税込)
サブスクリプション費用(2年目以降) 55,000円(税込) 年単位でのご契約
サブスクリプション制度とは
短期レンタル(1ヵ月間) 137,500円(税込)

申込書も準備しております。ご利用下さい。
※エクシードシリーズのサブスクリプションはお得な「区分割引制度」が利用可能です。制度詳細はこちら

資料DL・お問合せ

他製品とのデータ連動

下記製品をお求めいただきますと、機能を統合して利用できます。
プログラム側で計算結果や入力データを【自動的に持ち運び】ができます。

逆T式橋台の設計
(H24年道示版)(※)

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

重力式橋台の設計
(H24年道示版)(※)

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

RC橋脚の設計
(H24年道示版)

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

片持ばり式擁壁の設計Ver.11

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

重力式擁壁の設計Ver.11

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

もたれ式擁壁の設計Ver.11

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

U型擁壁の設計Ver.6

安定計算用
作用力 V、H、M

底版設計用
杭位置、基礎反力

(※)印の商品は異長杭連動ができますが、その他の商品は連動できません。
但し、重力式橋台は底版の設計に杭反力は考慮できません。

下記製品では杭基礎の設計のデータを読み込み、または吐き出しできます。

ボックスカルバートの設計Ver.6

杭種、地盤データなど

固有周期の計算
(H24年道示版)

杭種、地盤データなど

杭基礎の耐震設計
(H24年道示版)

杭種、地盤データ、杭配置など

※単一長杭のみの対応となります。

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS Windows 8.1 ・ 10・11
  • WEB ライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの製品もお勧めです

各種お問い合わせのご案内Contact us