管の耐震設計 Ver.3

管の耐震設計

価格 220,000円(税込)

埋設管の縦断方向の耐震設計を行います。
とう性管、不とう性管を対象として管軸方向の強度検討を行います。

システム概要

とう性管、不とう性管の縦断方向の耐震設計を行います。
接合部の検討・管渠の軸方向の検討・液状化の判定・液状化による
浮き上がりの検討などを行います。

適用基準・参考文献

適用基準

  • 下水道施設の耐震対策指針と解説 -2014年版- 平成26年5月 (日本下水道協会)
  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計 パイプライン
    平成21年3月 (農林水産省農村振興局)
  • 下水道施設耐震計算例-管路施設編- 前編 2015年版 平成27年6月 (日本下水道協会)
  • 水道施設耐震工法指針・解説 2009年版 Ⅰ総論  平成21年7月 (日本水道協会)
  • 水道施設耐震工法指針・解説 1997年版  平成9年3月 (日本水道協会)

機能および制限

  • 「常時荷重」「レベル1地震時」「レベル2地震時」の検討が可能です。
  • 規格管以外も任意に登録することが可能です。
  • 液状化の判定と、液状化に伴う浮き上がりの検討が可能です。
  • 耐震設計では、マンホールと管渠の接合部、管渠と管渠の接合部の検討が可能です。
  • 管渠の接合方法は、「差し込み継手管渠」「一体構造管渠」から選択可能です。

適用管種と基準の組合せは以下のとおりです。

適用管種 適用基準
パイプ
ライン
水道
指針
下水道
指針
不とう性管 遠心力鉄筋コンクリート管(RC)
推進工法用鉄筋コンクリート管(RC)
コア式プレストレストコンクリート管(PC)
とう性管 ダクタイル鋳鉄管(DT)
鋼管(SP)
硬質ポリ塩化ビニル管(EB)
ポリエチレン管(PL)
強化プラスチック複合管(PS)

規格管をあらかじめ登録済です。規格管以外も任意に登録することが可能です。

  • 液状化の判定と、液状化に伴う浮き上がりの検討が可能です。
  • 耐震設計では、マンホールと管渠の接合部、管渠と管渠の接合部の検討が可能です。
  • 管渠の接合方法は、「差し込み継手管渠」「一体構造管渠」から選択可能です。
差し込み継手 一体構造
遠心力鉄筋コンクリート管
推進工法用鉄筋コンクリート管
コア式プレストレストコンクリート管
ダクタイル鋳鉄管
鋼管
硬質ポリ塩化ビニル管
ポリエチレン管
強化プラスチック複合管
  • 設計水平震度は「県」「地区」を選択することで地域別補正係数(Cz)が計算されます。
  • 耐震設計上の地盤種別の判定により、標準値の計算を行います。

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

管設計セット 385,000円(税込)

まとめてご購入いただいた場合セット価格にて提供できます。

管路の設計』(220,000円)
『管の耐震設計』(220,000円)
スラストブロックの設計』(110,000円)
一体化長の計算』(110,000円)
385,000円(税込)
管設計セットを注文

サブスクリプション

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 44,000円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

管路の設計
更生管の設計
ボックスカルバートの耐震設計

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから