管の耐震設計

管の耐震設計
定価 200,000円(税抜)
セット商品(管設計セット) 350,000円(税抜)
年間レンタル
(農林・水工版セット)
150,000円(税抜)/年
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P31_kantsn
※電子カタログに移動します
特集記事 tokushu1602-01.pdf

製品概要

システム概要

本システムは、『土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「パイプライン」』、『下水道施設の耐震対策指針と解説 2014年版』などに基づいて、とう性管、不とう性管を対象として埋設管の縦断方向の耐震設計を行います。 液状化の判定および液状化による浮き上がりの検討や、人孔と管きょ、または管きょと管きょの接合部の検討、管軸方向の強度検討を行います。

パフォーマンス

  • 常時荷重による継手の伸縮量の計算、軸方向のひずみの判定
  • マンホールと管きょの接合部の検討
  • 管きょの管軸方向の検討
  • 液状化の判定
  • 液状化による浮き上がりの検討

適用基準・参考文献

適用基準

  • 下水道施設の耐震対策指針と解説 -2014年版-
    平成26年5月 (日本下水道協会)
  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計 パイプライン
    平成21年3月 (農林水産省農村振興局)
  • 下水道施設耐震計算例-管路施設編- 前編 2015年版
    平成27年6月 (日本下水道協会)
  • 水道施設耐震工法指針・解説 2009年版 Ⅰ総論 
    平成21年7月 (日本水道協会)
  • 水道施設耐震工法指針・解説 1997年版 
    平成9年3月 (日本水道協会)

機能および制限

  1. 「常時荷重」「レベル1地震時」「レベル2地震時」の検討が可能です。
  2. 適用管種と基準の組合せは以下のとおりです。
    適用管種 適用基準
    パイプ
    ライン
    水道
    協会
    下水道
    協会
    不とう性管 遠心力鉄筋コンクリート管(RC)
    コア式プレストレストコンクリート管(PC)
    とう性管 ダクタイル鋳鉄管(DT)
    鋼管(SP)
    硬質ポリ塩化ビニル管(EB)
    ポリエチレン管(PL)
    強化プラスチック複合管(PS)

    規格管をあらかじめ登録済です。規格管以外も任意に登録することが可能です。
    ※「リブ付硬質ポリ塩化ビニル管」の計算には対応しておりません。

    管の耐震設計
  3. 地盤の土質定数等を入力することで、液状化の判定と、液状化に伴う浮き上がりの検討が可能です。
  4. 耐震設計では、マンホールと管きょの接合部、管きょと管きょの接合部の検討が可能です。
  5. 管きょの接合方法は「差し込み継手管きょ」「一体構造管きょ」の2つの方法から選択可能です。接合方法は任意に選択可能ですが、主な管種、形式の接合方法は以下のとおりです。可とう継手有も選択可能です。
    差し込み継手 一体構造
    遠心力鉄筋コンクリート管
    コア式プレストレストコンクリート管
    ダクタイル鋳鉄管
    鋼管
    硬質ポリ塩化ビニル管
    ポリエチレン管
    強化プラスチック複合管
  6. 設計水平震度は「県」「地区」を選択することで地域別補正係数(Cz)が計算されます。又、耐震設計上の地盤種別の判定により、標準値の計算を行います。
    管の耐震設計
  7. 「常時荷重」「レベル1地震時」「レベル2地震時」の検討項目について選択が可能です。
    管の耐震設計

    (画面は「一体構造管きょ」選択時)

その他の機能

  • 出力帳票は、「出力ツールVer3」(別売)によりMicrosoft Word・Microsoft Excelのファイルへ変換できます。

動作環境

  • OS
    Windows Vista・7・8・10
  • プロテクト
    USB

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった