スラストブロックの設計 Ver.3

スラストブロックの設計 価格 110,000円(税込)

スラストブロックの設計では、滑動の検討、浮上の検討、沈下の検討を行います

システム概要

とう性管、不とう性管を対象として屈曲部、分岐部、T字管、片落ち部、弁栓部、鉛直Sベンド管に対してスラスト力の検討を行い、対策工の要否を判定します。 スラストブロックの設計では、滑動の検討、浮上の検討、沈下の検討を行います。

適用基準・参考文献

  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計 パイプライン  
      令和3年6月 (農林水産省農村振興局整備部設計課)
  • 水道施設設計指針 2012  平成24年3月 (日本水道協会)

機能および制限

  • 対応管種は以下のとおりです。
    不とう性管 遠心力鉄筋コンクリート管
    コア式プレストレスコンクリート管
    とう性管 ダクタイル鋳鉄管
    鋼管
    硬質ポリ塩化ビニル管
    ポリエチレン管
    ガラス繊維強化ポリエチレン管
    強化プラスチック複合管

    尚、管のデータは管種ごとに追加、編集が可能となっています。

    スラストブロックの設計

    (使用管種選択画面)

    スラストブロックの設計
  • スラスト力の検討箇所は以下のとおりです。
    • パイプラインの屈曲部
    • パイプラインの分岐部
    • パイプラインにバルブ(制水弁)が設置される箇所
    • パイプラインの口径が変化する箇所(片落ち部)
    • T字管
    • 弁栓部
    • 鉛直Sベンド管
      ※鉛直Sベンド管はスラスト力の検討のみになります。
      ※「弁栓部」では、弁室側壁にステイフナーを取り付けた形状で、スラスト力に対して、「管体応力計算」、「コンクリートの押し抜きせん断応力度」、「ステイフナー溶接部のせん断応力度」の照査を行います。
  • スラストブロックの設計
    ブロックの形状は下図のとおりです。

    スラストブロックの設計

    (a)曲がり(type1)

    スラストブロックの設計

    (b)曲がり(type2)

    スラストブロックの設計

    (c)曲がり(type3)

    スラストブロックの設計

    (d)曲がり(type4)

    スラストブロックの設計

    (e)分岐(type1)

    スラストブロックの設計

    (f)分岐(type2)

    スラストブロックの設計

    (g)片落ち

    スラストブロックの設計

    (h)T字(type1)

    スラストブロックの設計

    (i)T字(type2)

    スラストブロックの設計

    (j)弁栓

    スラストブロックの設計

    (k)任意形

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

管設計セット 385,000円(税込)

まとめてご購入いただいた場合セット価格にて提供できます。

管路の設計』(220,000円)
管の耐震設計』(220,000円)
『スラストブロックの設計』(110,000円)
一体化長の計算』(110,000円)
385,000円(税込)
管設計セットを注文

サブスクリプション

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 27,500円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

一体化長の計算
管路の設計
管の耐震設計

 

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから