ボックスカルバート設計システム

ボックスカルバート設計システム価格 110,000円(税込)

お手軽に、簡単に、単ボックスの構造計算書が作成できます

システム概要

単ボックスの横断方向の構造計算を行います。輪荷重や群集荷重を考慮でき、ピッチまたは本数を優先に自動配筋までできます。

適用基準・参考文献

  • 「道路土工 カルバート工指針」  平成22年3月(日本道路協会)
  • 「建設省制定標準設計」  平成12年9月(全日本建設技術協会)
  • 「土木構造物設計マニュアル(案)」  平成11年11月(全日本建設技術協会)

機能および制限

  • 活荷重は、輪荷重と群集荷重を考慮することができます。
  • 輪荷重は、T-6・T-8・T-10・T-14・T-20・T-25・TT-43より選択できます。
  • 活荷重の載荷方向を「カルバートと直角」「カルバートと平行」より選択することができます。
  • 前輪荷重を考慮することができ、前後輪間隔を任意に指定することもできます。
  • 水位は、左右それぞれに入力できます。
  • ハンチ自重を計算に考慮するしないの選択ができます。
  • カルバート上の舗装・路盤・盛土厚さ・重量を個別に考慮することができます。
  • 静止土圧係数・鉛直方向土圧係数には、準拠指針に記載の値以外を用いることもできます。
  • 底版反力は、「部材軸線幅」でも「部材全幅」でも計算することができます。
  • 部材計算に用いる底版反力の計算に、底版自重を考慮するしないの選択ができます。
  • 組み合わせ荷重ケースを入力内容より自動的に設定します。
  • 応力計算時の軸力を考慮するしないの選択ができます。
  • コンクリートの設計基準強度の選択により、自動的にコンクリートの許容応力度をセットすることができます。また、任意の許容応力度を指定することもできます。
  • 一般部のせん断応力度照査位置を「2d点」・「h/2点」・「h/2点(ハンチ無視)」のいずれかより選択することができます。
  • ピッチまたは本数を優先にした自動配筋ができます。

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

サブスクリプション

プライムシリーズのサブスクリプション期限は、3月31日までとなります。

サブスクリプション費用 33,000円(税込)/年

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS  Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

ボックスカルバートの設計
ボックスカルバートの耐震設計
任意形擁壁設計システム

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから