かご工の設計計算 Ver.3

かご工の設計計算価格 165,000円(税込)

河川護岸や斜面の補強などに使用されている「かごマット」・「角形じゃかご」の設計を行います

システム概要

じゃかごの安定計算(転倒・滑動・支持力)・掃流力の検討・金網強度の計算を行います。かごマットは平張工法と多段積工法が対象で、平張工法は代表流速の算定・掃流力の検討を行います。多段積工法は安定計算・代表流速の算定・掃流力の検討を行います。

適用基準・参考文献

適用基準

  • じゃかご工法の手引きと解説  平成20年5月 (日本じゃかご協会)
  • 鉄線籠型護岸の設計・施工技術基準(案)  
      平成21年4月 (国土交通省河川局治水課)
  • 護岸・水制の計画・設計  平成15年 (山海堂)
  • 護岸の力学設計法  平成19年9月 (国土開発技術研究センター)
  • 美しい山河を守る災害復旧基本方針  
      平成26年3月 (国土交通省水管理・国土保全局)

機能および制限

入力(じゃかご)

  • じゃかご段数は20段まで可能です。
  • じゃかご前面、背面に水位(GLまで)を考慮できます。
  • じゃかごの背面盛土形状は4段まで対応できます。
  • じゃかごの前面勾配は、1:1.5以下の急勾配とします。
    かご工の設計計算

入力(かごマット)

  • 平張工法の護岸法勾配は1:2.0以上の緩い勾配とします。
かご工の設計計算
  • 多段積工法の護岸法勾配は1:1.5以下の急勾配とします。
  • 鉄線籠段数は、20段まで可能です。
  • 鉄線籠前面、背面に水位(GLまで)を考慮できます。
  • 鉄線籠の背面盛土形状は、4段まで対応できます。
かご工の設計計算

計算

作用荷重(じゃかご、かごマット(多段積工法))

  • 荷重状態は、常時(活荷重考慮、活荷重無視)、地震時となります。
  • 設計に用いる土圧は以下の3種類から選択することができます。
      ①土圧のみ ②土圧+水圧 ③土圧+残留水圧
  • 水位の扱いは以下の通りです。
      ①浮力 ②揚圧力
  • 土圧計算法は、「試行くさび法」となります。

直接基礎の安定計算(じゃかご、かごマット(多段積工法))

  • 安定計算の照査は以下の通りです。
      ①転倒(偏心距離、安全率) ②滑動 ③支持力
  • 前面受働土圧を考慮できます。

掃流力の検討(じゃかご、かごマット(平張工法)、かごマット(多段積工法))

  • 無次元掃流力から中詰め材の必要粒径を検討します。
  • 中詰め材粒径に対する流速、かごの網目の厚さの算定を行います。
  • かごマット(多段積工法、平張工法)では、代表流速から中詰め材の粒径を算定します。

金網強度の検討(じゃかご)

  • 洗堀被害を受けた場合の金網強度の検討を行います。
  • 網線直角方向の金網強度の検討を行います。

代表流速の算定(かごマット(平張工法)、かごマット(多段積工法))

  • 粗度係数は、計算値を使用するか入力値を使用するか選択ができます。
  • 補正係数α1~α4を考慮した補正係数(α)と平均流速より代表流速を求めます。

    制限事項(かごマット)

    • 法勾配1:1.5~1:2.0の範囲の鉄線籠型多段積護岸工の設計については対応しておりません。
    • 多段積工法の基礎部保護工法の検討について、「突込式(基礎部を現況河床以下に突っ込む工法)」の「護岸高さの検討(根入れ)」及び「並列式(現況河床付近に並列に設ける工法)」の「根固工の敷設幅の設計」については対応しておりません。
    • じゃかご、多段積で、背面の盛土開始位置は、背面側とし、前面側に指定することはできません。

    もっと詳しく

    出力サンプルや体験版を準備しております。

    サブスクリプション

    サブスクリプション制度とは

    サブスクリプション費用 33,000円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

    ご使用・ご提供方法

    • 対応OS Windows 8.1・10
    • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
    • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
    • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
    • ネットワーク上でのご利用も可能です。

    こちらの商品もお勧めです

    自立式矢板(護岸・水路)の設計
    落石防護擁壁の設計
    重力式擁壁の設計

     

    体験版申込みページへ

    出力サンプルDLページヘ

    オンラインショップへ

    問合わせはこちらから