弾塑性法による土留工の設計 Ver.4

弾塑性法による土留工の設計価格 330,000円(税込)

大規模掘削の土留工の検討を弾塑性法(拡張法)により行います。各施工段階における壁体の変位や断面力などの検討が行えます。

システム概要

弾塑性法(拡張法)により土留工の検討を行います。根入れ長の計算・掘削底面の安定計算の他、定常性による根入れ長の検討・各施工段階における壁体の変位及び断面力の計算などの検討が行えます。

適用基準・参考文献

適用基準

  • 道路土工 仮設構造物工指針  平成11年3月 (日本道路協会)
  • 共同溝設計指針  昭和61年3月 (日本道路協会)
  • 仮設構造物設計要領  平成19年9月 (首都高速道路)
  • 山留め設計施工指針   平成14年2月 (日本建築学会)
  • トンネル標準示方書  平成8年5月 (土木学会)
  • 仮設計画ガイドブック(Ⅰ)   平成9年9月 (全日本建設技術協会)
  • よくわかる仮設構造物の設計  平成12年11月 (山海堂)

機能および制限

  • 鋼矢板方式・親杭横矢板方式・鉄筋コンクリート地中連続壁方式・ソイルセメント柱による親杭横矢板方式・ソイルセメント柱列式連続壁方式の方向に対応しています。
  • 切梁段数は、20段まで対応します。
  • 地層数は20層まで、受動側の地盤改良は5層までできます。
  • 水圧は、三角形水圧、被圧水圧の取り扱いができます。
  • 鋼材の定数を任意に登録する事ができます。
  • 掘削深は30mまで対応できます。
  • 偏土圧による設計は、道路土工指針に準拠しています。
  • 静止側圧の取り扱いは、左右対称土留めの場合掘削底面から、
    偏土圧の場合は地表面か掘削底面のいずれかから選択できます。
  • 側圧の考え方は、砂質土の場合は土水圧分離型、粘性土の場合は土水圧一体型
    として計算します。
  • 側圧係数を入力も可能です。
  • 地下水位・切梁位置は、地表面(GL)以下となります。
  • 梁・はねモデルに対応できます。

土留壁

  • モーメントのつりあいによる土留壁の根入れ長の計算を行います。
  • ボイリング・パイピングによる必要根入れ長を計算し、鋼材長を決定できます。
  • 各ステップにおける土留壁の変位、断面力の計算ができます。
  • 土工指針の場合、偏土圧が作用する土留壁の計算ができます。
  • プレロード荷重を考慮できます。
  • 掘削底面の安定計算はヒービング・ボイリング・盤ぶくれ・パイピングの検討ができます。
  • 解体時の計算は、以下により計算できます。(埋戻しと捨て梁の併用設定はできません)

①埋戻し:「ヒンジ」「固定」より選択ができ、最終掘削時の変位状態が残留した計算を行います。
②捨て梁:「捨て梁バネ定数」「プレロード」の入力ができます。

計算

  • 計算による切梁反力を基に切梁・腹起し・火打ちの計算が行えます。
  • 設計荷重を入力して、支保工のみを単体で計算する事も可能です。
  • 中間杭・親杭は、軸方向圧縮応力度・杭の支持力の照査が行えます。

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

他商品とのデータ連動

  • 下記商品による保存ファイルを本商品で【データ読み込み】ができます。
土留め工の設計 断面形状、荷重、材料、土質 等
  • 本商品での特定の保存データ(グラウンドアンカー用保存データ)を下記商品上にて、
    【データ読み込み】ができます。
グラウンドアンカーの設計 切梁反力(設計荷重)

サブスクリプション 

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 66,000円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS  Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

土留め工の設計
たて込み簡易土留の設計
自立式矢板(護岸・水路)の設計

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから