調整池(防災調節池)容量算定システム

調整池(防災調節池)容量算定システム
定価 EX版 200,000円(税抜)
EXⅡ版 200,000円(税抜)
ST版 100,000円(税抜)
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 EX版 ネット購入FAX申込
EXⅡ版 ネット購入FAX申込
ST版 ネット購入FAX申込
カタログ P62_pr_pond
※電子カタログに移動します
プライムシリーズ
サポートサービス
prime_ss.pdf

製品概要

防災調節池等技術基準(案)、流域貯留施設等技術指針、雨水浸透施設技術指針(案)などを参考にオフサイト貯留施設及び、オンサイト貯留施設の水文設計を行います。
また、降雨強度曲線の作成、洪水到達時間の算定、設計堆砂量の算定、洪水吐および非越流部天端高の計算も可能です。
EX版は計画汚水量、計画雨水量の計算を行い分流式、合流式の排水路の流下能力の検討を行うことが可能です。

機能詳細

流出モデル

  1. 調整池(防災調節池)容量算定システム系統を持たない単独の貯留浸透施設、多段の貯留浸透施設、複数の系統に別れた流域からの流出が最終的に一つの貯留浸透施設に合流する流出モデルに対応しています。
  2. 複数段の流出モデルの場合、2段目以降の貯留浸透施設への遅れ時間を考慮することが可能です。
  3. 貯留施設と浸透施設を併用した計算が可能です。例えば、浸透施設から溢れた流出量が調整池に流入するようなモデルを計算することができます。

流域

  1. 降雨波形は前方集中型/中央集中型/後方集中型/実績降雨より選択が可能です。また、兵庫県の中央集中型にも対応しています。
  2. 降雨強度式は下記の7種類より選択可能です。また、2つの降雨強度式の合成(和歌山県型)および降雨継続時間内で2式を使用することが可能です。
    • Talbot型  : Talbot型
    • Sherman型 : Sherman型
    • 久野・石黒型: 久野・石黒型 
    • 君島型   : 君島型
    • 長野県型  : 長野県型
    • 山梨県型  : 山梨県型
    • 近畿地方整備局: 近畿地方整備局
  3. 洪水到達時間の計算が可能です。計算方法は等流流速法/土研式/KinematicWave理論に基づく計算式(角屋の式)より選択可能です。等流流速法における流下時間の計算はKraven、Rziha、Manning、直接入力に対応しています。
  4. 降雨強度~継続時間曲線の計算が可能です。

貯留施設

  1. 放流施設として矩形および円形オリフィス、洪水吐(矩形堰)およびポンプに対応しています。オリフィスは最大10段まで考慮することが可能です。
  2. 最下段のオリフィスは、放流量が許容放流量以下となるよう寸法の自動計算が可能です。
  3. 調整池の容量計算は、せつ頭錐体、柱体(平均容量)、線形補間より選択が可能です。階段状の調整池のように同一水位で異なる面積を入力することも可能です。
  4. 計画堆砂量の計算が可能です。
  5. 放流先の外水位を考慮した計算が可能です。ただし、調整池内水位が外水位より低い場合はフラップゲートにより放流しないものとして計算を行います。
  6. 調整池(防災調節池)容量算定システム分水桝と遊水池の2槽より構成される分水方式貯留施設(都市型)も対応しています。
  7. 「開発許可申請に伴う調節池設置基準(案)」熊本県土木部河川課に記載のピークカット方式での計算が可能です。
  8. 「宅地等開発事業に関する技術マニュアル」三重県に記載されているオリフィス流量の計算方法に対応しています。
  9. 各継続時間における調節池から放流量をCSVファイルに出力することができます。(多段の場合は最終調節池のみ)
  10. 降雨開始時時点における調整池内水位(冠水水位)を指定することが可能です。
  11. 貯めきり貯留の計算も可能です。
  12. 洪水吐および非越流部天端高の計算が可能です。

浸透施設

  1. 浸透計算の方法は有効降雨モデル、一定量差し引きモデル、貯留浸透モデルより選択が可能です
  2. 浸透ます、浸透トレンチ、浸透側溝、透水性舗装、浸透池の諸元の入力が可能で、それぞれ入力した諸元をもとに統合した施設の設計浸透量、平均設計水頭、空隙貯留量を計算します。

簡易式による必要調節容量の計算

  1. オンサイト貯留施設、オフサイト貯留施設の選択が可能です。
  2. 浸透施設を併用した場合の計算が可能です。
  3. オンサイト貯留施設の場合は湛水時間の算定が可能です。
  4. 降雨強度式は下記の6種類より選択が可能です。
    • Talbot型  :Talbot型
    • Sherman型 :Sherman型
    • 久野・石黒型 :久野・石黒型
    • 君島型   :君島型
    • 長野県型  :長野県型
    • 山梨県型  :山梨県型

排水計画※EX版のみ

  1. 流出量は合理式、実験式(ブリックス式)、実験式(ビュルクリーツィーグラー式)に対応しています。
  2. 平均流速公式はマニング公式、クッター公式に対応。
  3. 流達時間の計算は、等流流速法、土研式(開発前)、土研式(開発後)、角屋式(Kinematic Wave理論)に対応。
  4. 等流流速法における流入時間の計算は、カーベイ式、直接入力に対応。
  5. 等流流速法における流下時間の計算は、マニング式、ルチハ式、クラーベン式、流速の直接入力、直接入力に対応。
  6. 生活汚水量、地下水量、その他汚水量の計算が可能です。
  7. 地下水量は生活汚水量に対する地下水混入率または、単位地下水量に排水面積を乗じて計算が可能です。
  8. その他汚水量は営業汚水量など単位汚水量に用途地域別面積を乗じて10種類まで入力可能です。
  9. 排水経路は下流側排水区記号を入力することで連続して入力が可能です。
  10. 流路は円形断面、矩形断面、台形断面、ハンチ付き矩形断面、ハンチ付き台形断面、三角形断面に対応しています。

適用基準および参考文献

  • [増補改訂(一部修正)]防災調節池等技術基準(案)
    平成13年8月(社団法人 日本河川協会)
  • 増補改訂 流域貯留施設等技術指針(案)
    平成19年3月(社団法人 雨水貯留浸透技術協会)
  • 雨水浸透施設技術指針(案)
    平成18年9月(社団法人 雨水貯留浸透技術協会)
  • 宅地開発に伴い設置される浸透施設等設置技術指針の解説
    平成10年2月(社団法人 日本宅地開発協会)
  • 下水道雨水調整池技術基準(案)解説と計算例
    昭和59年10月(社団法人 日本下水道協会)

スクリーンショット

調整池(防災調節池)容量算定システム
[ モデルの入力 ]
調整池(防災調節池)容量算定システム
[ 流域データ ]
調整池(防災調節池)容量算定システム
[ 施設データ ]
調整池(防災調節池)容量算定システム
[ 計算結果 ]
調整池(防災調節池)容量算定システム
[ 排水計画の基本条件 ]
調整池(防災調節池)容量算定システム
[ 管きょ(水路)施設データ ]

機能アップ情報

■平成22年9月30日リリース版
  • 排水計画の機能を追加したEX版をリリースしました。
■平成21年8月18日リリース版
  • 分水桝と遊水池の2槽より構成される分水方式貯留施設に対応しました。
■平成21年3月6日リリース版
  • 「開発許可申請に伴う調節池設置基準(案)」熊本県土木部河川課に記載のピークカット方式に対応しました。
■平成21年1月29日リリース版
  • 降雨強度曲線式の作成機能を追加しました。
  • 厳密計算における外水位を考慮した計算機能を追加しました。
  • 出力範囲(出力開始時間、終了時間)の選択機能を追加しました。
■平成20年11月5日リリース版
  • 近畿地方整備局の降雨強度式に対応しました。
■平成20年6月24日リリース版
  • 三重県の宅地等開発事業に関する技術マニュアルに記載のオリフィス流量計算方法に対応しました。
■平成20年5月23日リリース版
  • 洪水到達時間の計算機能を追加。
  • 洪水吐きおよび非越流部天端高の計算機能を追加
  • 設計堆砂量の計算で造成時、造成後の堆砂量計算タイプを追加
  • 池容量の計算方法で水位-面積(柱体)に対応
  • 浸透施設の種類に浸透池を追加(計算方法は透水性舗装と同じ)
■平成19年5月18日リリース版
  • 兵庫県タイプの中央集中型降雨波形に対応しました。

必要なハードウェアとソフトウェア

  • OS
    Windows Vista/7/8/10(日本語版)
  • ハードディスク
    100MB以上
  • ディスプレイ
    1024×768以上、256色以上の表示が必要
  • その他
    マウス、キーボード、CDドライブ

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから