一体化長の計算

一体化長の計算
定価 100,000円(税抜)
セット商品(管設計セット) 350,000円(税抜)
年間レンタル
(農林・水工版セット)
150,000円(税抜)/年
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P33_ittai
※電子カタログに移動します
特集記事 tokushu1512-04.pdf

製品概要

システム概要

本システムは『土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計「パイプライン」平成21年3月』などに基づいて、とう性管、不とう性管を対象として屈曲部、分岐部、片落ち部、弁栓部に対してスラスト力の検討を行い、対策工の要否を判定します。 また一体化長の計算として、「溶接・接着・溶着等による接合」および「離脱防止継手による接合」が選択可能です。

パフォーマンス

  • スラスト力の計算
  • 対策工の要否の判定
  • 一体化長の計算

適用基準・参考文献

  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計 パイプライン
    平成21年3月 (農業農村工学会)
  • 水道施設設計指針 2012
    平成24年3月 (日本水道協会)

機能および制限

  • 対応管種は以下のとおりです。
    不とう性管 遠心力鉄筋コンクリート管
    コア式プレストレスコンクリート管
    とう性管 ダクタイル鋳鉄管
    鋼管
    硬質ポリ塩化ビニル管
    ポリエチレン管
    強化プラスティック複合管

    尚、管のデータは管種ごとに追加、編集が可能となっています。

    スラストブロックの設計

    (使用管種選択画面)

  • スラスト力の検討箇所は以下のとおりです。
    1. パイプラインの屈曲部
    2. パイプラインの分岐部
    3. パイプラインにバルブ(制水弁)が設置される箇所
    4. パイプラインの口径が変化する箇所(片落ち部)
    5. T字管
    6. 弁栓部
  • 一体化長の計算
    検討方法は、以下の2とおりとします。

    1. 溶接・接着・溶着等による接合
    2. 離脱防止継手による接合
    3. 検討箇所と一体化長の計算の組合せは以下のとおりです。
一体化長の計算
検討箇所 溶接・接着・溶着等による場合 離脱防止継手による接合
水平屈曲部
鉛直屈曲部
分岐部
T字部
片落ち部
弁栓部

※「溶接・接着・溶着等による接合」はポリエチレン管、鋼管、硬質塩化ビニル管、ダクタイル鋳鉄管のみ対応しています。
※「分岐部」ではスラスト力の検討のみになります。

一体化長の計算

(検討断面入力)

一体化長の計算
一体化長の計算

(結果確認画面)

 

その他の機能

  • 「スラストブロックの設計」の入力データファイルも読み込み可能です。
  • 出力帳票は、「出力ツールVer2」(別売)によりMicrosoft Word・Microsoft Excelのファイルへ変換できます。

動作環境

  • OS
    Windows Vista・7・8・10
  • プロテクト
    USB

 

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから