板(円形・長方形)の計算(有限要素法)/板(円形・長方形)の計算(簡易法)

板の計算
定価(有限要素法) 150,000円(税抜)
定価(簡易法) 100,000円(税抜)
セット 200,000円(税抜)
年間レンタル
(構造解析・断面版セット)
100,000円(税抜)/年
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 有限要素法 ネット購入FAX申込
簡易法 ネット購入FAX申込
カタログ P4_ban
※電子カタログに移動します
特集記事 tokushu1512-02.pdf

製品概要

システム概要

本システムは、円形、長方形板に荷重が作用する場合の、断面力を算出し、応力度照査をするプログラムです。有限要素法により断面力を算出する「板(円形・長方形)の計算(有限要素法)」と、級数解により断面力算出する「板(円形・長方形)の計算(簡易法)」の2つの商品より構成されます。

パフォーマンス

  • 鉄筋コンクリート、鋼、鋳鋼、鋳鉄に対応
  • 鉄筋コンクリートの場合、応力計算が可能
  • 荷重は1つの板に最大5つまで対応
  • たわみ図、モーメント図、せん断力図(簡易法)を画面上で確認

適用基準・参考文献

適用基準

  • 構造力学公式集
    ((公社)土木学会)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編
    平成24年3月 ((公社)日本道路協会)

参考文献

  • 鉄筋コンクリート工学
    平成11年3月 (共立出版)
  • コンクリート標準示方書
    平成25年3月 ((公社)土木学会)
  • 板とシェルの理論
    1973年7月 (S.P.チモシェンコ著、長谷川節訳、ブレイン図書出版(株))
  • マトリックス構造解析法
    昭和50年8月 (J.L.Meek著、奥野敏恵 西野文雄 西岡隆訳、科学技術出版社)
  • 薄板構造解析 変位法・応力法
    昭和48年6月 (川井忠彦、川島矩朗、三本木茂夫著、培風館)
  • 平板の曲げ理論
    昭和47年9月 (栖原二郎著、培風館)

機能および制限

荷重条件

  1. 等分布荷重
  2. 等変分布荷重
  3. 部分線荷重
  4. 集中荷重
  5. 部分等分布荷重

支持条件

長方形

相対2辺単純支持板
  1. 4辺単純支持
  2. 3辺単純1辺固定支持
  3. 3辺単純1辺弾性支持
  4. 相対2辺単純2辺固定支持
  5. 相対2辺単純2辺弾性支持
  6. 相対2辺単純1辺固定1辺弾性支持
  7. 4辺固定支持
  8. 3辺固定1辺単純支持
  9. 3辺固定1辺自由
相対2辺単純支持板以外
  1. 4辺固定支持
  2. 3辺固定1辺単純支持
  3. 3辺固定1辺自由

円形

  1. 周辺単純支持
  2. 周辺固定支持

板に載荷する荷重は1つの板につき最大5つまで可能です。各支持条件と荷重条件の組合せは以下の表のとおりです。

支持条件 荷重条件
等分布荷重 等変分布荷重(1) 等変分布荷重(2) 集中荷重 部分等分布荷重 部分線荷重



4辺単純支持
3辺単純1辺固定支持
3辺単純1辺弾性支持
相対2辺単純2辺固定支持
相対2辺単純2辺弾性支持
相対2辺単純1辺固定1辺弾性支持
4辺固定支持 ○※ ○※ ○※ ○※ ○※
3辺固定1辺単純支持 ○※ ○※ ○※ ○※
3辺固定1辺自由 ○※ ○※ ○※ ○※
円板 周辺単純支持 ○※ ○※
周辺固定支持 ○※ ○※

※有限要素法のみ対応

板の計算

(長方形板の支持条件)

板の計算

(円板の支持条件)

 

応力度の照査

鉄筋コンクリートの応力度照査が可能です。簡易法で長方形の場合、曲げ応力度およびせん断応力度に対する検討を行い、有限要素法の場合は曲げ応力度の検討を行います。

板の計算

(板の物理定数)

板の計算

(鉄筋コンクリートの配筋条件)

 

その他の機能

  • 出力帳票は、「出力ツールVer2」(別売)によりMicrosoft Word・Microsoft Excelのファイルへ変換できます。

動作環境

  • OS
    Windows Vista・7・8・10
  • プロテクト
    USB

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった