たて込み簡易土留の設計 Ver.3

たて込み簡易土留の設計

価格 132,000円(税込)

「スライドレール方式」および「縦梁プレート方式」のたて込み簡易土留の設計を行います

システム概要

「スライドレール方式」は、パネルの設計・スライドレールの設計・切梁および捨梁の設計・ヒービングの検討を行います。「縦梁プレート方式」は、プレートの設計・縦梁の設計・縦梁連結部の設計・切梁および捨梁の設計・ヒービングの検討を行います。

適用基準および参考文献

適用基準

  • たて込み簡易土留設計施工指針  -2018年改訂版-
      平成30年4月 (たて込み簡易土留協会)
  • 道路土工 仮設構造物工指針  平成11年3月 (日本道路協会)

参考文献 

  • たて込み簡易土留設計施工指針  平成20年9月 (たて込み簡易土留協会)
  • トンネル標準示方書 [共通編]・同解説/ [開削工法編]・同解説
      2016年制定 (土木学会)

機能および制限

計算内容

たて込み簡易土留の計算内容は以下の通りです。

曲げ
モーメント
せん断力 軸力 曲げ応力度 せん断応力度 合成応力度 安定数
安全率
パネルの設計
プレートの設計
スライドレールの設計 ○(注2)
縦梁の設計 ○(注2)(注3)
縦梁連結部の設計(注1)
切梁の設計
捨梁の設計 ○(注4)
ヒービングの検討

注1)縦梁連結部の設計は、平成20年指針の場合に検討を行います。
注2)合成応力度は曲げ応力度、せん断応力度が許容応力度の45%を超える場合に計算します。
注3)縦梁の設計の場合、合成応力度は2018年改訂版指針の場合に計算します。
注4)捨梁は圧縮応力度の計算を行います。

  • 掘削深7.0m、掘削幅4.7mまで設計できます。
  • 切梁は最下段撤去、2段同時撤去及び最下段切梁の移設時の検討ができます。
  • パネル及びプレート段数は6段まで対応しています。
  • 切梁は7段まで対応しています。
  • 地層数は、10層まで対応しています。
  • 長尺物搬入方法で用いる特殊条件下の設計は、2018年改訂版指針での「スイング方式」に対応しています。(平成20年度基準および「腹起し切ばり方式」では考慮できません)
  • 断面図、土圧図、側面図を画面で確認できます。

入力

  • 準拠指針を「2018年改定版」・「平成20年度版」より選択します。
  • 使用機材の選択で、パネル割付・切梁設置位置を自動設定します。
  • 土圧計算方法は、2018年改定版指針では側方土圧係数を用いて単層・多層に対応します。
  • 平成20年度版指針の場合は、掘削深3m以下はランキン・レザール、3mを超える場合は断面決定用土圧で計算します。
    たて込み簡易土留の設計
  • 捨梁を設置する、しないか選択できます。
  • 形状は円形、矩形から選択できます。
  • ヒービングの検討をする、しないの選択ができます。
  • 設計ケースは、通常時、捨梁設置時に対応しています。
    たて込み簡易土留の設計

機材データ編集

  • 使用機材は、準拠指針別に各メーカの機材を登録しています。編集、新規登録も可能です。
    (2018年改訂版指針の初期登録データは平成20年度版指針記載の機材データをベースに登録しています)

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

サブスクリプション

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 33,000円(税込)/年(購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS  Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

土留め工の設計
山留(慣用法土留)設計システム
自立式矢板(護岸・水路)の設計

 

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから