更生管の設計 Ver.3

更生管の設計価格 165,000円(税込)

下水道の老朽化対策である「更生管」の計算を行います。新設管と同等以上の耐荷能力及び耐久性を有する「自立管」、既設管きょと更生管の二層構造で外力を分担する「二層構造管」の計算を行います。

システム概要

常時の構造設計、 地震時の耐震設計を行います。常時の構造設計は、「下水道用硬質塩化ビニル管」、「下水道用強化プラスチック複合管」と同様の計算方法を用いて自立管、あるいは二層構造管の「必要管厚」を算定します。地震時の耐震設計は、「耐震指針」及び「耐震計算例」記載の「一体構造管きょ」と同様の計算方法を用いて行い、自立管の地震時耐力を照査します。但し、地震動による抜出し量の計算は、「一体構造管きょ」、「差し込み継手管きょ」から選択が可能です。

適用基準・参考文献

  • 下水道施設の耐震対策指針と解説 -2014年版-  平成26年5月 (日本下水道協会)
  • 下水道施設耐震計算例 -管路施設編- 前編 2015年版 
       平成27年6月 (日本下水道協会)
  • 管きょ更生工法における設計・施工管理ガイドライン 2017年版
  • 更生管の手引き (案) 平成13年6月 (日本下水道協会)
  • 下水道推進工法の指針と解説 2010年版 平成22年10月 (日本下水道協会)
  • 管きょ更生工法(二層構造管)技術資料 2006年3月 (下水道新技術推進機構)

機能および制限

  • 構造形式は、自立管・二層構造管から選択できます。
  • 「常時荷重」・「レベル1地震時」・「レベル2地震時」の検討ができます。
  • 以下の項目を検討します。
  • 曲げ強度、たわみ率による更生管厚の算定(常時)
  • 外水圧に対する更生管厚の算定(二層構造管の常時)
  • 液状化の判定(レベル1地震時,レベル2地震時)
  • 地震動による管体応力の検討(レベル1地震時,レベル2地震時)
  • 地震動による屈曲角の検討(レベル1地震時,レベル2地震時)
  • 地震動による抜出し量の検討(レベル1地震時,レベル2地震時)
  • 側方流動による管体応力の検討(レベル2地震時)
  • 側方流動による抜出し量の検討(レベル2地震時)
  • 液状化に伴う地盤沈下による管体応力の検討(レベル2地震時)
  • 液状化に伴う地盤沈下による屈曲角の検討(レベル2地震時)
  • 液状化に伴う地盤沈下による抜出しの検討(レベル2地震時)
  • 設計水平震度は「県」「地区」を選択することで地域別補正係数(Cz)が計算されます。
  • 耐震設計上の地盤種別の判定により、標準値の計算を行います。
  • 土圧公式は、ヤンセン公式・直土圧公式・テルツァギーの緩み土圧公式から選択できます。
  • 土被り厚の範囲指定ができます。また、土被り厚のピッチ毎に有効支承角、仮想掘削溝幅、
    マンホール床付面の深さについても入力できます。
  • 主な規格工法は、あらかじめ登録しています。規格工法以外も任意に登録ができます。
  • 土質定数等の入力で、地盤の液状化の判定ができます。
  • 液状化の検討における、液状化指数PLの算出ができます。
  • 液状化による地盤沈下量を自動計算することができます。沈下量の任意設定もできます。
  • 計算結果を確認した上で、適切な更生管厚に調整して頂くことができます。

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

サブスクリプション

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 33,000円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

管路の設計
管の耐震設計
液状化の検討

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから