横越流方式調整池容量算定システム

横越流方式調整池容量算定システム
定価 100,000円(税込110,000円)
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P80_pr_spond
※電子カタログに移動します
プライムシリーズ
サポートサービス
prime_ss.pdf

システムの概要

横越流方式調整池容量算定システムは下水道雨水調整池技術基準(案)、防災調節池等技術基準(案)などを参考に、河川または水路等に接してその側壁又は堤防の一部を低くして越流ぜきとすることにより、下流の流量を減らすことを目的とした横越流方式の調整池の容量計算を行います。

機能詳細

流出モデル

  1. 系統を持たない単独の横越流方式貯留施設、多段の横越流方式貯留施設/浸透施設、複数の系統に別れた流域からの流出が最終的に一つの横越流方式貯留施設に合流する流出モデルに対応しています。
  2. 複数段の流出モデルの場合、2段目以降の横越流方式貯留施設/浸透施設への遅れ時間を考慮することが可能です。
  3. 最終貯留施設を横越流方式貯留施設とした多段のモデル作成が可能です。多段の流出モデルでは横越流方式貯留施設と浸透施設の併用が可能です。例えば、浸透施設から溢れた流出量が調整池に流入するようなモデルを計算することができます。

流域

  1. 降雨波形は前方集中型/中央集中型/後方集中型/実績降雨より選択が可能です。また、兵庫県の中央集中型にも対応しています。
  2. 降雨強度式は下記の7種類より選択可能です。また、2つの降雨強度式の合成(和歌山県型)および降雨継続時間内で2式を使用することが可能です。
    • Talbot型  : Talbot型
    • Sherman型 : Sherman型
    • 久野・石黒型: 久野・石黒型 
    • 君島型   : 君島型
    • 長野県型  : 長野県型
    • 山梨県型  : 山梨県型
    • 近畿地方整備局: 近畿地方整備局
  3. 洪水到達時間の計算が可能です。計算方法は等流流速法/土研式/KinematicWave理論に基づく計算式(角屋の式)より選択可能です。等流流速法における流下時間の計算はKraven、Rziha、Manning、直接入力に対応しています。又、流入時間の計算はKerby、直接入力に対応しています。

横越流方式貯留施設

  1. 調整池の容量計算は、せつ頭錐体、柱体(平均容量)、線形補間より選択が可能です。階段状の調整池のように同一水位で異なる面積を入力することも可能です。
  2. 河川等の水位が調整池の水位より高い場合は調整池へ流入し、調整池水位よりも河川等の水位が低い場合は、調整池から河川等へ逆流する方式です。
  3. 調整池からの放流は河川等への逆流のみを考慮することも可能ですが、放流施設としてオリフィス(矩形/円形)、洪水吐(矩形堰)およびポンプを考慮することも可能です。オリフィスは最大10段まで考慮することが可能です。
  4. 放流施設としてオリフィスを考慮する場合、オリフィスにはゲートを設けるものとし、河川等の水位が調整池水位より高い場合はオリフィスからの放流はなく、調整池水位が河川等の水位より低い場合のみオリフィスより放流するものとして計算することも可能です。
  5. 「宅地等開発事業に関する技術マニュアル」三重県に記載されているオリフィス流量の計算方法に対応しています。
  6. 「大和川流域調整池技術基準」に記載のオリフィス毎の許容放流量の設定が可能です。(最終貯留施設に設定が可能。)
  7. 各継続時間における調節池から放流量をCSVファイルに出力することができます。(多段の場合は最終調節池のみ)
  8. 降雨開始時時点における調整池内水位(冠水水位)を指定することが可能です。
  9. 貯めきり貯留の計算も可能です。
  10. 計画堆砂量の計算が可能です。
  11. 洪水吐きおよび非越流部天端高の計算が可能です。

浸透施設

  1. 浸透計算の方法は有効降雨モデル、一定量差し引きモデル、貯留浸透モデルより選択が可能です。
  2. 浸透ます、浸透トレンチ、浸透側溝、透水性舗装、浸透池の諸元の入力が可能で、それぞれ入力した諸元をもとに統合した施設の設計浸透量、平均設計水頭、空隙貯留量を計算します。

適用基準および参考文献

  • 下水道雨水調整池技術基準(案)解説と計算例
    昭和59年10月(社団法人 日本下水道協会)
  • 水理公式集
    平成11年10月(社団法人 土木学会)
  • 雨水浸透施設技術指針(案)
    平成18年9月(社団法人 雨水貯留浸透技術協会)
  • [増補改訂(一部修正)]防災調節池等技術基準(案)
    平成13年8月(社団法人 日本河川協会)
  • 流域貯留施設等技術指針(案)
    平成19年3月(社団法人 雨水貯留浸透技術協会)
  • 宅地開発に伴い設置される浸透施設等設置技術指針の解説
    平成10年2月(社団法人 日本宅地開発協会)

スクリーンショット

横越流方式調整池容量算定システム
[ 流域データ(1) ]
横越流方式調整池容量算定システム
[ 流域データ(2) ]
横越流方式調整池容量算定システム
[ 越流せきの断面形状 ]
横越流方式調整池容量算定システム
[ 水路断面 ]
横越流方式調整池容量算定システム
[ 放流施設 ]
横越流方式調整池容量算定システム
[ 計算結果 ]

機能アップ情報

■2021年7月アップデート
  • 「大和川流域調整池技術基準」に記載のオリフィス毎の許容放流量の設定が可能になりました。(最終貯留施設に設定が可能。)
■2020年10月末リリース版
  • 流出モデルの選択で、モデルの任意設定が可能になりました。
       (系統は10系統まで、施設数は1系統内5つまでの追加が可能になりました。)
  • 浸透施設の入力で単位設計浸透量を計算で求めることが可能になりました。
       (試験施設の終期浸透量、又は土壌の飽和透水係数より算出が可能です。)
  • 降雨強度式の入力で降雨倍率の入力が可能になりました。
  • 降雨強度式の選択で、近畿地方整備局の式が選択が可能になりました。
  • 洪水到達時間の計算で等流流速法を選択した場合、流入時間の計算でカーベイ(Kerby)式の選択が可能になりました。
  • 洪水吐きおよび非越流部天端高の設計で、比流量の直接入力が可能になりました。
  • H-V曲線・ハイドロ/ハイエトグラフのグラフ軸の設定値を任意設定が可能になりました。

必要なハードウェアとソフトウェア

  • OS
    Windows 8.1/10(日本語版)
  • ディスプレイ
    1024×768以上が必要

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから