石積(ブロック積)擁壁設計システム

石積(ブロック積)擁壁設計システム
定価 100,000円(税抜)
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P59_pr_block
※電子カタログに移動します
プライムシリーズ
サポートサービス
prime_ss.pdf

製品概要

盛土部および切土部に設置する石積擁壁(ブロック積擁壁)の安定計算を行うシステムです。転倒に対する検討は「示力線法による方法」または「偏心距離による方法」のどちらかを選択することが可能です。また、その他に「滑動に対する検討」、「支持地盤の支持力に対する検討」を行う事が可能です。

機能詳細

擁壁形状および地盤形状

  1. 石積(ブロック積)擁壁設計システム裏込めコンクリート厚を天端と下端で変化させる事が可能です。
  2. 基礎コンクリートの考慮の有無を選択可能です。
  3. 形状を断面図および3次元で確認することができ、構造寸法の入力ミスを未然に防ぎます。
  4. 裏込め土地表面の形状はレベル(水平)、一定勾配、台形より選択可能です。

荷重

  1. 土圧はクローン公式、ランキン(常時のみ)、試行くさび法、土圧係数の指定に対応しています。
  2. 切土部土圧に対応しています。
  3. 水圧および浮力(または揚圧力)を考慮することが可能です。
  4. 上載荷重は自動車荷重、宅地荷重、群衆荷重、雪荷重に対応しています。また、その他の上載荷重を最大5まで入力可能です。
  5. 鉛直集中荷重、水平集中荷重を指定位置に考慮することが可能です。
  6. 地震慣性力および地震時土圧を考慮することができ、中地震時、大地震時を同時に計算することが可能です。
  7. 荷重の組合せを任意に選択することが可能です。

安定計算

  1. 転倒に対する検討は「示力線法による方法」または「偏心距離による方法」が選択可能です。示力線を画面およびプリンターに出力することが可能です。
  2. 滑動に対する検討および支持地盤の支持力に対する検討が可能です。
  3. 滑動に対する検討で、前面受働土圧および底面傾斜の影響を考慮することが可能です。
  4. 地盤反力度の算出方法は「底面でのみ支持する方法」、「地盤係数法に基づく簡便法」を選択可能です。また、「地盤係数法に基づく簡便法」は擁壁底面における合力作用位置に応じて適用の有無を選択可能です
  5. 支持地盤の許容鉛直支持力は入力による指定、および各基準書に準じた計算が可能です。入力による指定の場合は、支持地盤の種類を選択することで各指針に記載されている値をセットすることも可能です。

適用基準および参考文献

  • 「道路土工 擁壁工指針」
    平成24年7月(社団法人 日本道路協会)
  • 「宅地防災マニュアルの解説」
    平成10年11月(株式会社 ぎょうせい)
  • 「土地改良事業計画設計基準・設計「農道」」
    平成17年3月(社団法人 農業土木学会)
  • 「土地改良事業計画設計基準・設計「水路工」」
    平成13年2月(農林水産省農村振興局)
  • 「続・擁壁の設計法と計算例」
    (右城猛著 理工図書)
  • 「もたれ式・ブロック積擁壁の設計と解説」
    (高倉正人著 現代理工学出版)

スクリーンショット

石積(ブロック積)擁壁設計システム
[ 形状寸法 ]
石積(ブロック積)擁壁設計システム
[ 盛土の形状 ]
石積(ブロック積)擁壁設計システム
[ 単位重量・土圧の入力 ]
石積(ブロック積)擁壁設計システム
[ 荷重ケースの入力 ]

よくあるご質問(FAQ)

FAQは現在登録されていません。

機能アップ情報

平成21年10月5日リリース版
  1. 地震時に対する検討に対応しました。
  2. 底面が検討した場合の滑動の検討に対応しました。
  3. 続・擁壁の設計法と計算例に記載の地盤係数法(簡便法)に対応しました。

必要なハードウェアとソフトウェア

  • OS
    Windows Vista/7/8/10(日本語版)
  • ハードディスク
    100MB以上
  • ディスプレイ
    1024×768以上、256色以上の表示が必要
  • その他
    マウス、キーボード、CDドライブ

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった