「固有周期の計算Ver.7」をリリースしました。

Ver.7の改定内容は以下の通りです。

  1. 下部工名称の設定ができるようになりました。また、出力に下部工の名称と全体図の表示を行いました。
  2. R2杭基礎便覧より薄層地盤の杭先端地盤の影響による低減を考慮するように対応しました。また、出力にてKh、Kvの算出根拠を出力するよう改善しました。
  3. H杭の計算にて、断面二次モーメントに強軸方向、弱軸方向を考慮する選択を追加しました。
  4. 鋼管杭、H杭、SC杭、鋼管ソイルセメント杭にて鉛直バネの計算で腐食代の考慮の有無を設定可能になりました。
  5. 杭配置の入力改善を行いました。

>>製品詳細ページへ