「排水設計Ver.3」「排水設計(Light版)Ver.3」をリリースしました。

Ver3の主な改変内容は以下の通りです。

  • CADデータ(DXF,DWG)の地形データから、集水区域ごとのプロット点の設定機能に加えて、集水区域ごとの流路長(流下時間(t2)を求めるための流路長(L2))もあわせてプロット点
    で設定することが可能となりました。
    ※「Light版」(CAD部分の機能なし)は除く
  • 流出量の計算において、集水区域ごとに個別に「流入時間(t1)」と「流下時間(t2)」の直接入力が可能となりました。
  • 降雨強度「任意入力」においても、「割増係数」の設定が可能となりました。
  • 降雨強度式の名称が入力設定できるようになりました。

>>商品詳細ページヘ