土地改良事業設計指針「ため池整備」改定に伴うキャンペーンのご案内

平成27年10月発行(平成27年5月改定)
土地改良事業設計指針「ため池整備」改定に伴うキャンペーンのご案内

この度、土地改良事業設計指針「ため池整備」改定に伴い、新基準対応版製品を必要とされるお客様向けにキャンペーン企画をご用意致しました。
是非、この機会にご検討いただけますよう、よろしくお願い致します。

  1. 対象
    1. 「斜面の安定計算」を新たに導入のお客様
    2. 「堤体の安定計算」を新たに導入のお客様
  2. キャンペーン内容
    1. 「斜面の安定計算」オプションセットを特別価格でご提供 (新基準版無償)
    2. 「堤体の安定計算」を特別価格でご提供(新基準版無償)
  3. 実施期間
    平成27年11月16日(月)より平成27年12月25日(金)迄
  4. 改訂内容
    1. 安定計算にて「地震時」の表記を「レベル1地震時」に変更
    2. 液状化の検討にて以下の改定に対応
      1. レベル2地震動の場合、設計水平震度khgを「基礎地盤」と「堤体地盤」に分けて設定可能
      2. 「基礎地盤」のkhgの計算方法を「道路橋示方書」又は「軟弱地盤対策工」より選択可能
      3. 「堤体地盤」のkhgを、照査用下限加速度応答スペクトルSA(gal)より求め、SA (gal)を自動計算
      4. 液状化指数「PL値」の計算機能を追加
    3. ニューマーク法による円弧すべりの計算
      今回の改定ではレベル2地震時動に対する耐震設計法は、「動的応答解」又は「塑性すべり解析」を用いるとしています。重要度区分AA種の場合、レベル2地震動で耐震設計が必要になります。
      「塑性すべり解析」手法として、堤体の安定計算では標準装備し、斜面の安定計算はオプションプログラム「ニューマーク法による円弧すべりの計算」をセットに組み込みました。
  5. ご注意
    お申し込み後は現最新バージョンを発送させていただきます。新基準対応版は12月25日頃のご提供(無償)を予定しております。
  6. お申込み方法
    「申込書」に必要事項をご記入いただきご捺印の上、期間内にFAXにてお申込み下さい。
  7. 参考資料