新商品リリース

「堤体の安定計算 Ver.6」をリリースしました。

Ver6の主な改変内容は以下の通りです。

  1. 均一型、遮水ゾーン型断面の浸透量計算に対応しました。
  2. 堤体内浸潤線の自動計算機能において、ドレーン無しタイプの計算に対応しました。
    また、「傾斜遮水ゾーン型」の半透水性ゾーンの浸潤線計算はq(単位幅当たりの浸透量)から求める方法を追加しました。
  3. 荷重強度を「常時」「地震時」毎に設定できるようにしました。
  4. 過剰間隙水圧比の入力において、FL値の直接入力から過剰間隙水圧比(ΔU/σʼ)の自動計算に対応しました。
  5. フィルダム、ため池整備の堤体において、「下流側のすべり力に対する重量の扱い」を飽和重量、水中重量から選択できるようにしました。
    堤体内の貯水について、「すべり力」の計算における「堤体法面~水位までの水の重量」を「考慮する/しない」の選択機能を追加しました。
  6. 表面遮水型において「水位以下の堤体内重量の扱い」を飽和重量、湿潤重量から選択できるようにしました。
  7. すべり面の定義を、各貯水位ケース毎に設定できるようにしました。
    これについては、「安定計算」、「ニューマーク法」、「逆算法」全て共通です。
  8. 作図における線種や色の初期設定を拡充しました。
    また、地層名、地層色、作図の設定値等を保存データファイル毎に設定可能にしました。

>>商品詳細ページヘ

「排水設計Ver.3」「排水設計(Light版)Ver.3」をリリースしました。

Ver3の主な改変内容は以下の通りです。

  • CADデータ(DXF,DWG)の地形データから、集水区域ごとのプロット点の設定機能に加えて、集水区域ごとの流路長(流下時間(t2)を求めるための流路長(L2))もあわせてプロット点
    で設定することが可能となりました。
    ※「Light版」(CAD部分の機能なし)は除く
  • 流出量の計算において、集水区域ごとに個別に「流入時間(t1)」と「流下時間(t2)」の直接入力が可能となりました。
  • 降雨強度「任意入力」においても、「割増係数」の設定が可能となりました。
  • 降雨強度式の名称が入力設定できるようになりました。

>>商品詳細ページヘ

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver2020のオプション「森林基準データ」をリリースしました。

下記の要領データ改訂によるバージョンアップです。

  1. 令和2年版 治山林道必携 積算・施工編 上巻
  2. 令和2年版 治山林道必携 積算・施工編 下巻
  • 共通仮設費、現場管理費の地域補正を改定
  • 現場管理費率を全工種改定

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver2020のオプション「下水道基準データ」「小口径推進データ」をリリースしました。

下記の要領データ改訂によるバージョンアップです。

  • 下水道用設計標準歩掛表 令和2年度-第1巻 管路-
  • 下水道用設計標準歩掛表 令和2年度-第2巻 ポンプ場・処理場-
  • 推進工事用機械器具等 損料参考資料 2019年度版
  • 推進工事用機械器具基礎価格表 令和2年度版

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「等流の計算Ver.6」をリリースしました。

Ver6の主な改変内容は以下の通りです。

  • 「暗渠断面(任)」の等流計算に対応しました。座標値入力により、任意の暗渠断面形状を設定することが可能です。※粗度係数は一様とする
  • 「自由勾配側溝」の断面形状で「(天井)円弧形」に対応しました。
  • 「河川断面(任)」の計算書内容を一部見直し改善を行いました。

>>商品詳細ページヘ

新規のお客様は2020年9月末まで特別価格でご提供いたします。
>>https://www.sogonet.co.jp/pdf/order_toryu_new.pdf

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver2020のオプション「農林データ」をリリースしました。

下記の要領改訂によるバージョンアップです。

  • 土地改良工事積算基準(土木工事) 令和2年度版
  • 土地改良工事積算基準(機械経費) 令和2年度版
  • 農業集落排水施設標準積算指針   令和2年度改訂版

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「擁壁設計5製品」をリリースしました。

  • 片持ばり式擁壁の設計Ver.10
    地盤高より水位が高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。
    前面水位が背面の地下水位より高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。
  • 重力式擁壁の設計Ver.10
    地盤高より水位が高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。
    前面水位が背面の地下水位より高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。
  • もたれ式擁壁の設計Ver.10
    前面水位が背面の地下水位より高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。
  • ブロック積擁壁の設計Ver.6
    前面水位が背面の地下水位より高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。
  • ブロック積擁壁の設計Ver.6(Light版)
    前面水位が背面の地下水位より高い位置にある場合の計算モデルに対応しました。