新商品リリース

「土留め工の設計 Ver.12」をリリースしました。

Ver.12の改定内容は以下の通りです。

  1. 「土留め壁支持力」の部材の座屈長さを使用鋼材から内部計算で算出するように機能改善しました。
  2. 「土留め・締切工の設計」に「パイピングの検討」機能を追加しました。
  3. 「切梁解体時」において、最上段切梁(1段目切梁)を撤去した際の土留め壁自立時の計算に対応しました。
  4. 「土留め工の設計」「土留め・締切工の設計」「矢板建込の設計」において、「土質条件」の編集機能を改善しました。
  5. 「土留め工の設計」と「土留め・締切工の設計」間での「土質条件」データの「複写」機能を追加しました。

>>製品詳細ページへ

「固有周期の計算Ver.7」をリリースしました。

Ver.7の改定内容は以下の通りです。

  1. 下部工名称の設定ができるようになりました。また、出力に下部工の名称と全体図の表示を行いました。
  2. R2杭基礎便覧より薄層地盤の杭先端地盤の影響による低減を考慮するように対応しました。また、出力にてKh、Kvの算出根拠を出力するよう改善しました。
  3. H杭の計算にて、断面二次モーメントに強軸方向、弱軸方向を考慮する選択を追加しました。
  4. 鋼管杭、H杭、SC杭、鋼管ソイルセメント杭にて鉛直バネの計算で腐食代の考慮の有無を設定可能になりました。
  5. 杭配置の入力改善を行いました。

>>製品詳細ページへ

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver2021のオプション「農林データ」をリリースしました。

下記の要領改訂によるバージョンアップです。

  • 土地改良工事積算基準(土木工事) 令和3年度版
  • 土地改良工事積算基準(機械経費) 令和3年度版
  • 農業集落排水施設標準積算指針   令和2年度改訂版

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver2021」をリリースしました。

  • 国交省(黄本)基準改訂によるバージョンアップ。(改定8工種)
  • 施工パッケージの基準単価の2020年4月東京が追加。
  • 施工パッケージの標準単価及び係数が2021年4月対応版として追加。
  • 市場単価・標準単価改定。(週休2日制工事における市場単価方式の補正係数の設定)
  • 共通仮設費、現場管理費の補正係数及び現場管理費率の改定。
  • 週休2日制工事及び交替制モデル工事における間接工事費等の補正の設定。
  • ICT土工積算基準の追加。
  • 大規模災害における復興係数・復興歩掛(継続)。

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「SUPER ESCON 業務積算システム Ver.2021」をリリースしました。

  • 令和3年度版 設計業務等標準積算基準書(青本)に対応しました。
  • 測量業務の路線測量歩掛改訂、機械経費等の率改訂(全般)に対応しました。
  • 土木設計業務の公開成果品作成歩掛新設に対応しました。
  • 地質調査業務の安全費の積算に対応しました。
  • 調査、計画業務(橋梁定期点検業務)の安全費の積算に対応しました。

『SUPER ESCON 業務積算システム』の詳細はコチラから

SUPER ESCON 業務積算システムVer.2020「森林基準データ」オプションをリリースしました。

  • 森林基準(治山林道必携(調査・測量・設計編)に対応しました。
  • 内訳書、代価表、基本単価の数量の小数点以下4 桁までと、基本単価金額の小数点以下3 桁まで(端数切捨て)設計書鏡で設定出来るようにしました。

『SUPER ESCON 業務積算システム』の詳細はコチラから

「管路の設計 Ver.2」をリリースしました。

Ver2の主な改変内容は以下の通りです。

  1. 総括結果一覧表の出力を追加しました。
  2. 「リブ付硬質ポリ塩化ビニル管」の計算に対応しました。
  3. 管種毎、土被りピッチ毎に計算結果*をグラフ化した管種選定図の作成機能を追加しました。
    *「許容内圧」「外圧」「たわみ率」「曲げ応力度」「耐荷安全率」のそれぞれで作成可能です。

>>商品詳細ページヘ

「杭基礎の設計 Ver.8」をリリースしました。

Ver8の主な改変内容は以下の通りです。

杭基礎設計便覧 令和2年9月(日本道路協会)の発刊に伴う以下の計算に対応いたしました。

支持力計算・安定計算
  1. 場所打ち杭、鋼管杭(中掘り杭工法、セメントミルク噴出攪拌方式)、鋼管ソイルセメント杭の場合における薄層支持による鉛直方向ばね定数の求め方に対応しました。
  2. 仮想ケーソンによる支持力計算方法を杭基礎設計便覧に合わせて変更しました。
断面計算
  1. PHC杭のカットオフの照査で計算方法が変更になりました。
  2. PHC杭のコンクリートの特性値の「耐荷性能の前提」時の平均せん断応力度の制限値が規定されました。
杭頭処理
  1. 仮想鉄筋コンクリート断面の応力度照査で杭基礎設計便覧の方法を選択可能としました。
  2. 水平押抜きせん断の計算方法を杭基礎設計便覧に合わせて変更しました。

>>商品詳細ページヘ