新商品リリース

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver5.0のオプション「下水道基準データ」「小口径推進データ」をリリースしました。

下記の要領データ改訂によるバージョンアップです。

  • 下水道用設計標準歩掛表 令和元年度-第1巻 管路-
  • 下水道用設計標準歩掛表 令和元年度-第2巻 ポンプ場・処理場-
  • 推進工事用機械器具等 損料参考資料 2019年度版
  • 推進工事用機械器具基礎価格表 令和元年度版

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「重力式橋台の設計Ver.5」をリリースしました。

  • H29年道路橋示方書・同解説に対応しました
  • パラペットの不等厚形状に対応しました
  • 天端または底面から土圧を考慮しない高さを設定できます
  • 直接基礎の安定照査で底版根入れ部分に水平力を考慮した計算に対応しました
  • 限界状態設計法を用いた設計を行います
  • [制限事項]パラペット、突起、ウイングはRC構造とし、たて壁、底版は無筋構造として部材設計を行います
  • [制限事項]無筋構造は許容応力度での照査のみとなります

SUPER ESCON 業務積算システム「上水道データ」オプションをリリースしました。

  • 令和元年度 水道事業実務必携(第三編 設計業務委託標準歩掛)に対応しました。
  • 他の設計書から読み込み機能を追加しました。(基本単価、代価表、歩掛表単位での読み込み)
  • 他の設計書からコピー機能を追加しました。(大中小分類単位でのコピー)

『SUPER ESCON 業務積算システム』の詳細はコチラから

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver5.0のオプション「農林データ」をリリースしました。

下記の要領データ改訂によるバージョンアップです。

  • 土地改良工事積算基準(土木工事) 平成31年度版
  • 土地改良工事積算基準(機械経費) 平成31年度版
  • 農業集落排水施設標準積算指針   令和元年度改訂版

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「直接基礎(改良)の設計Ver.4」をリリースしました。

深層混合処理工法

  • 「2018年版 建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針」に対応しました。
    改定に伴う主な機能追加は以下の通りです。
  1. 液状化の検討結果を考慮した計算に対応しました。
    ※液状化の検討Ver4.1のデータを基に、直接基礎のデータ作成が可能です。
  2. 2層からなる地盤の鉛直支持力の計算に対応しました。
  3. 全層鉛直撹拌式混合工法(中層混合処理工法)の計算に対応しました。

地盤改良層厚の検討

  • 荷重分散角を考慮する位置(左側、右側、両側)の選択に対応しました。
  • パンチング破壊の検討に対応しました。

「土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver5.0」をリリースしました。

  • 国交省(黄本)基準改訂によるバージョンアップ。(改定12工種・新規1工種)
  • 施工パッケージの基準単価のH30年4月東京が追加。
  • 施工パッケージの標準単価及び係数がH31年4月対応版として追加。
  • 市場単価・標準単価改定。
  • 現場管理費の改定。
  • ICT土工積算基準の追加。
  • 間接工事費の施工地域補正の適用工種拡大。
  • 熱中症対策に資する現場管理費補正の導入。

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「たて込み簡易土留の設計Ver.2」をリリースしました。

  • たて込み簡易土留設計施工指針の平成30年4月版へ対応しました。
  • 旧指針(平成20年9月)と新指針(平成30年4月版)の選択が可能です。
  • 機材データは新指針、旧指針から選択が可能です。
  • 側方土圧係数を用いた土圧計算で単層、多層に対応し、側方土圧係数の編集が可能です。
  • スライドレールおよび縦梁の設計において、フレーム計算による断面力の算出に対応しました。
  • 新指針に合わせた印刷レイアウトに改良しました。

「集水桝の設計Ver.2」をリリースしました。

  • 設計便覧「付属資料編」(近畿地建) 平成12年4月に記載の方法による断面力算出に対応しました。
  • フレーム計算による断面力算出に対応しました。
  • 側壁の外側傾斜、内側傾斜、両側傾斜形状へ対応しました。
  • ランキン土圧、内部摩擦角と粘着力を有する場合の土圧(フェレニウス土圧)、内部摩擦角を無視する粘性土の場合の土圧に対応しました。
  • 必要主鉄筋量の計算に対応しました。
  • 必要せん断補強鉄筋(斜め引張鉄筋)の計算に対応しました。
  • 概略配筋図(シングル配筋、ダブル配筋)および概略配筋図のDXF、SXF出力に対応しました。
  • 「鉄筋の組合せ」設定に対応しました。