年別アーカイブ:2019年

SUPER ESCON Plus Ver5.1

  • 2019年度国交省(赤本)基準改訂によるバージョンアップを行いました。
  • 施工パッケージを本体のツリービューで表示するように対応しました。
  • 公園緑地工事工種体系ツリーの改定を行いました。

「土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver5.1」をリリースしました。

  • 国交省(赤本)基準改訂によるバージョンアップ(経年化による歩掛の見直し)です。
  • 施工パッケージが2019年10月対応版として農林水産省のみ追加されます。
  • 施工パッケージ型積算H30年7月豪雨の被災地(広島県)適用版が追加されます。

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「グラウンドアンカーの設計Ver.3」をリリースしました。

  1. アンカー自由長の計算における主働すべり角(主働すべり崩壊線)を各層でのφを考慮して計算できるよう改良しました。
  2. アンカー自由長の計算で、主働すべり崩壊線からの余裕長を考慮できるようにしました。
  3. 以下の新工法を追加しました。
    • NMグランドアンカー工法
    • スーパーフロテックアンカー工法
    • KJSアンカー工法
    • KJS除去アンカー工法(N値<50・Bタイプ)
  4. 各適用基準の最新版に対応しました。

特集記事[ため池水理計算]を更新しました。

「ため池水理計算」は設計洪水流量の計算および洪水吐の「接近水路」、「調整部」、「移行部」、「放水路」、「減勢工」および「余裕高」の水理設計計算を行うシステムです。

東京事務所移転のお知らせ

このたび、東京事務所は新事務所に移転することとなりましたのでお知らせいたします。

お手数ですがご登録の変更など、よろしくお願いいたします。

今後とも、変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

新事務所営業開始日:令和元年11月11日
新住所:〒101-0047
     東京都千代田区内神田1-4-13 CRC北大手町ビル
電話番号(変更なし):03-3295-3551
FAX番号(変更なし):03-3295-3552

土木積算システム SUPER ESCON Plus Ver5.0のオプション「森林基準データ」をリリースしました。

下記の要領データ改訂によるバージョンアップです。

  1. 令和元年版 治山林道必携 積算・施工編 上巻
  2. 令和元年版 治山林道必携 積算・施工編 下巻
  • 仮設材の運搬費を改定
  • 現場管理費率を全工種改定
  • 平成30年7月豪雨の被災地(広島県)で適用する施工パッケージ型積算対応

『土木積算システム SUPER ESCON Plus』の詳細はコチラから

「ため池水理計算Ver.2」をリリースしました。

「設計洪水流量の計算」と「洪水吐きの水理設計計算」を分離化し、それぞれの計算ができるように対応しました。

  1. 「設計洪水流量の計算」のみで計算が可能
    • A項、B項、C項の各流量算出による設計洪水流量(Q)の決定
  2. 「洪水吐きの水理設計計算」のみで計算が可能
    • 設計洪水流量(Q)の直接入力に対応
    • 水路流入型、正面越流型、測水路型における流入部から減勢部までの水理設計計算
  3. 越流堰の幅(B)の直接入力に対応