月別アーカイブ: 2016年10月

任意形擁壁設計システム EX版 2016.1.0

  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説「水路工」に記載の許容鉛直支持力度の計算式に対応しました。
  • 任意荷重を分布荷重としても入力できるよう改良しました。
  • 擁壁前面側に張出部を設ける場合に、地覆高まで土砂高を考慮できるよう改良しました。

任意形擁壁設計システム ST版 2016.1.0

  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説「水路工」に記載の許容鉛直支持力度の計算式に対応しました。
  • 任意荷重を分布荷重としても入力できるよう改良しました。
  • 擁壁前面側に張出部を設ける場合に、地覆高まで土砂高を考慮できるよう改良しました。

「不同沈下の計算」をリリースしました。

・「不同沈下の計算」は地盤平面を格子状に分割し、ある荷重が周辺地盤に及ぼす影響をNewmarkの長方形分割法により求めるプログラムです。指定した測点位置での即時沈下量、圧密沈下量及び、圧密時間を考慮した残留沈下量の計算を行うことができます。