プログラム変更履歴

任意形擁壁設計システムST 変更履歴

機能アップ No. 製品名 内容 バージョン 更新日
24-0141 任意形擁壁設計システムST Ver.1 準拠指針の改定に伴い、令和6年版土地改良基準「農道」および令和5年版盛土等防災マニュアルに対応しました。 1.01.00
2024/07/02
24-0133 任意形擁壁設計システムST Ver.1 設計条件の出力にて、「背面土の開始位置」を「前面」とした場合の任意土圧作用面の図の異常を修正しました。 1.00.05
2024/06/12
24-0125 任意形擁壁設計システムST Ver.1 たて壁の照査断面位置の入力チェック処理部に一部不具合が見つかった為、修正しました。 1.00.04
2024/06/04
24-0107 任意形擁壁設計システムST Ver.1 試行くさび法による土圧計算で、地震時のすべり角ω計算の境界条件に不具合が見つかりましたので、修正を行いました。 1.00.03
2024/05/28
24-0091 任意形擁壁設計システムST Ver.1 「背面土の開始位置」で「前面」を選択した場合の土圧作用面の設定に関して、制御の不具合を修正しました。 1.00.02
2024/05/21
24-0010 任意形擁壁設計システムST Ver.1 前面土砂高と仮想地表面高(前面受働土圧を考慮する高さ)の入力について、2桁の入力が可能となる様に改良しました。 1.00.01
2024/04/23
23-0591 任意形擁壁設計システムST Ver.1 Ver1.00.00をリリースいたしました。 1.00.00
2024/04/01
23-0421 任意形擁壁設計システムST 2023 改良試行くさびによる土圧計算にて、仮想背面より前面側(かかと版範囲)の上載荷重の範囲設定に問題が見つかった為、修正いたしました。 2023.0.6
2024/01/18
23-0198 任意形擁壁設計システムST 2023 ①かかと版付け根における曲げモーメントについて、「竪壁付け根における曲げモーメントと比較して、小さい方を用いる」を選択している状態で竪壁付け根における曲げモーメントの方が小さい場合に、曲げモーメントの符号が逆になっている問題を修正いたしました。 ②ログイン画面を変更いたしました。 ③ファイルの関連付けによる製品の起動に対応いたしました。 2023.0.4
2023/07/20
23-0183 任意形擁壁設計システムST 2023 つま先版部材計算における前載土砂重量について、ハンチ有りかつ断面位置が付け根位置の場合に設定される座標がおかしくなる問題に対応いたしました。 2023.0.3
2023/07/04
23-0156 任意形擁壁設計システムST 2023 2023-0147の修正で、出力上の配筋に関する表示内容に一部修正漏れの箇所が見つかった為、修正いたしました。 2023.0.2
2023/06/14
23-0147 任意形擁壁設計システムST 2023 「かかと版付け根における曲げモーメント」の選択で「たて壁付け根における曲げモーメントと比較して、小さい方を用いる」を選択した場合の問題について、次の対応を行いました。①たて壁付け根における曲げモーメントの絶対値の方が小さくなる場合に設定される モーメントの符号を見直し。②計算部における引張側の判断に用いるモーメント値の見直し。 2023.0.1
2023/06/09