圧密沈下の設計計算 Ver.2

圧密沈下の設計計算価格 165,000円(税込)

「圧密沈下」「即時沈下」「残留沈下」「側方変位」の各種沈下量の計算を行います

システム概要

粘性土・砂質土・泥炭地盤の圧密沈下量の計算を行います。粘性土の圧密沈下(e-logP法・mv法・Cc法)・即時沈下・残留沈下・側方変位の各計算を行います。各沈下計算および施工段階ごとの沈下図・時間-沈下曲線を確認することができます。

適用基準・参考文献

  • 道路土工軟弱地盤対策工指針   平成24年7月 (日本道路協会)
  • 設計要領 第1集 土工編  平成26年7月 (東・中・西日本高速道路)
  • 泥炭性軟弱地盤対策工マニュアル
      平成23年3月  (土木研究所 寒地土木研究所)
  • 柔構造樋門設計の手引き  平成13年3月 (国土技術研究センター)

機能および制限

  • 「圧密沈下」「即時沈下」「残留沈下」「側方変位」の各種沈下量の計算を行います。
  • 圧密沈下量計算は、「e-logP法」「Cc法」「mv法」から選択ができます。
  • 盛土の載荷方法は、「盛土載荷」「荷重強度の直接入力」から選択できます。
  • 層区分は、「砂質土」「粘性土両面排水」「粘性土片面排水」「泥炭層」「非圧密層」から選択できます。。
    圧密沈下の設計計算

※圧密降伏応力(Pc)の考慮や過圧密状態での沈下量の計算はできません。
※盛土形状は、施工段階ごとに設定できます。
※盛土の任意形状入力には対応しておりません。
※盛土上部に分布荷重等の任意荷重の設定はできません。
※プレロード荷重、先行荷重は考慮できません。

  • 残留沈下量の計算方法は、「e-logP法」「Cc法」「mv法」から選択ができます。
  • 圧密時間計算方法として、「層厚換算法」「層別層厚換算法」から選択できます。
  • 3つの沈下計算による沈下図及び時間-沈下曲線図を表示させることができます。
  • 斜面の安定計算(別売)』で、沈下計算後の安定計算も行うことができます。

【沈下図】
圧密沈下の設計計算

もっと詳しく

出力サンプルや体験版を準備しております。

他商品とのデータ連動

斜面の安定計算 沈下後の安定計算を行うことができます

サブスクリプション

サブスクリプション制度とは

サブスクリプション費用 44,000円(税込)/年 (購入時1年間は含まれております)

ご使用・ご提供方法

  • 対応OS  Windows 8.1・10
  • WEBライセンス認証版となります。(インターネット環境が必須です)
  • マイページ(ホームページ)からのダウンロード版となります。
  • 2ライセンス同時にご使用いただけます。
  • ネットワーク上でのご利用も可能です。

こちらの商品もお勧めです

斜面の安定計算
液状化の検討
円弧すべりの計算システム

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから