土木積算システム SUPER ESCON Plus(基本)

i001_escon_d

定価 800,000円(税抜)
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P71_escon
※電子カタログに移動します

製品概要

機能説明

メイン画面

escon_1ツリービュー及びリストビュー採用によるカラフルで見やすい画面。
工種から細別まで登録済み体系から選択するだけ!
数量計算書(国交省様式)からの連動も可能です。

積算基準選択

escon_25積算を行う際に基準を選択する画面です。

設計書鏡

escon_2積算には欠かすことの出来ない間接工事費。
設計書鏡により条件を選択していくだけです。
工事工種・地域補正等、【解説】ボタンにより、詳細な説明が表示されます。
鋼橋工場製作の積み上げもできます。

工種体系参照

escon_3

新土木工事積算大系のレベル2(工種)、レベル3(種別)、レベル4(細別)を選択するだけ。
複数を一度に選べ、ツリー編集が簡単かつすばやくできます。
また、名称変更や並び替えも自由自在です。

明細積上げ

escon_4

新土木工事積算大系の細別名に対応。
数多い代価から該当する代価を探すのは大変ですが、【簡易代価検索機能】では、【代価検索】ボタンを押すだけで下図のように分類まで表示され、あとは代価を選択するだけ。
代価表を探す時間が短縮され、積み上げがスピーディに行えます。

代価表

escon_5_2最初から標準代価が登録されており、毎回条件選択方式のように手間がかかりません。
また、一度に複数の代価を選択できます。
代価作成に条件入力が必要な場合のみ、条件選択式による代価表作成となります。

施工パッケージ

escon_5施工パッケージ方式に移行した工種は、これまでの代価も残してあり、どちらのやり方もできます。

任意代価作成

escon_6ユーザー独自代価もボタン1つで作成可能。
複合代価も簡単に作成できます。

基本単価

escon_7単価種類として、10種類の単価を登録可能です。
建設物価及び積算資料の材料単価データを読み込み、両者の平均値又は安価等を自動的に設定します。(単価サポート契約ユーザーのみ)
印刷には各単価の掲載ページ及び採用根拠が出力されます。

 

escon_8

経費計算

メイン画面の下部に直接工事費から工事価格までリアルタイムで表示していますので、常に積上げ額を確認できます。

出力

escon_9印刷の際に設定する画面です。
出力帳票もチェックを入れるだけ。さまざまな帳票も作成可能です。
労務・資材等の総括表も自動で作成、出力できます。

EXCEL帳票

escon_10設計書帳票は全てExcelに出力。編集もExcelの操作で簡単に行えます。
ユーザー独自の設計書表紙も簡単に作成でき、複数登録できます。
出力書式で式有りを選択すると単価、数量などが計算式でリンクされます。

 

escon_20自動的に全ての項目に式が設定されます。

 

 

 

 

多彩な出力で積算根拠の資料が自動で作成されます。

その他の機能

  • 水替日数の算定
    工事価格又は種別により水替日数が算定できます。
    escon_11
  • 重機運搬費の自動計算
    運搬距離、トン数などの入力で自動計算します。
    escon_12
  • 設計書内の単価一覧表示および修正機能
    積み上げ時に使った単価(労務、材料など) の一覧を表示し、その場で修正できます。
    escon_13
  • 0円チェック機能
    単価が0、数量が0の項目一覧を表示し、その場で修正ができます。
    escon_14
  • 単価更新機能
    過去に作成した設計書データを読み込み、単価更新機能で一気に最新単価に更新することができます。
  • 他の設計書からのコピー
    手分けして作成したり、過去に作成した設計書と合体できます。
  • データベース共有機能
    共同作業での単価統一など、まちがい防止や、データ作成の効率化が図れます。

充実の機能

さまざまな場面での業務の効率化を支援します。

代価や単価のみを簡単に検索表示できる単価調査機能

escon_21杭の打ち込み単価を調べたい、代価表のみを見たいなど積み上げ作業とは別に、単独で単価調査のみを行える機能です。
これにより本システムの稼働率が格段にアップしました。(ユーザー様の声)

施工パッケージ型積算への対応

escon_22平成24年度より、国交省の積算基準では施工パッケージ型積算が導入されました。施工パッケージ型積算では歩掛りの公表は無くなり、機械・労務・材料の構成比と標準単価の公表から地区単価を補正するようになりました。
これまで蓄積してこらて来られた施工単価はほとんど使えなくなり、新たに施工パッケージ型で単価を作るのは大変な作業となります。

数量計算書との連動で積み上げ作業が大幅に軽減されます。

escon_23国交省様式の数量計算書やEXCELで作成された数量計算書(様式に指定はあります)を簡単に読み込めます。
読み込んだ後は積算システム側で必要な代価を選択すればスムーズに積み上げが出来ます。

概算と言いながら単価の根拠付けを求める役所への対応

escon_27杭基礎や仮設工の工法比較を行う場合の各工法別の金額を出すのは結構大変な作業となります。
本システムでは各工法別に作業能力計算を用意しており、条件を指定することで機械運転代価から正確に積み上げを行います。役所への根拠付けに最適です。

escon_29

作業日数計算~簡易工程表作成

escon_16施工単価に日作業量のデータを持たせることで入力された数量から作業日数を計算します。

作業日数計算方法

escon_18自動で表示される日作業量は、積算基準に掲載されているものの他、労務の歩掛りや建設機械の運転時間を参考に内部計算しています。ユーザーによる直接入力も可能です。

 

 

escon_24ボタン一つでバーチャートを表示し、マウスのドラッグで作業の優先処理(並び替え)を行えます。
不稼働率の設定や日、週、月単位での表示切り替え、EXCEL出力など豊富な機能があります。

 

 

 

escon_17EXCELへ出力されます。

豊富な検索機能により材料単価などの調査を簡単に行えます。

escon_26ちょっとした単価の調査でも建設物価や積算資料の本を引っ張り出して探すのは結構大変です。
本システムには建設物価、積算資料の単価を取り込んであり、部分的な文字検索ですぐに見つけることが出来ます。

試し計算機能で積み上げる前に概算をつかめます。

escon_28例えば役所の予算が決まっている場合、直接工事費はいくらになるかを逆算で求めることが出来ます。
これにより大まかな工法選定の目安とすることが出来、後で安い工法へ変更などの見直し作業が減少します。

 

入札予算(根拠ある価格競争)

入札予算とは、間接工事費(共通仮設費率・現場管理費率・一般管理費率)の率計上分について実行予算のように積み上げを行い、入札前に根拠ある価格を算出する機能です。
入札予算作成の流れは以下のようになります。
escon_flow

豊富な機能で使いやすさを追求しています

ネットワーク対応で共有利用できます。

プロテクトはもちろん、マスタデータ(単価、代価)もLAN上で共有できます。ソフトは各自のパソコンに制限無くインストールでき、プロテクトを共有することでどのパソコンでも稼動することが出来ます。
マスタデータを共有すれば全員が同じ単価で運用することが出来ます。
escon_30

コピー&ペースト機能で同じ工種は簡単複写

A1橋台とA2橋台のように内容がほとんど同じであれば、工種ごとコピーすることで簡単に積上げ出来ます。

お気に入り登録機能で積み上げ効率アップ

escon_31よく使うデータをお気に入りに登録することで積み上げ処理の効率がさらにアップします。

内訳書、代価表はEXCEL出力で編集も簡単

印刷ボタンを押すと、EXCELが起動し結果は全てEXCELに出力されます。
様式は複数用意していますが任意の様式に合わせることも可能です。

建設物価と積算資料の安値、平均の単価設定ができます。

建設物価、積算資料それぞれのデータベースを読み込み、安目や平均の単価を自動的に設定します。また、各データの書籍上の掲載ページの出力も出来ます。

適用基準・参考文献

適用基準

  • 国土交通省土木工事積算基準(国土交通省)
  • 国土交通省土木工事標準積算基準書(国土交通省)
  • 土地改良工事標準積算基準(農林水産省)
  • 下水道用設計標準歩掛表(日本下水道協会)
  • 水道事業実務必携(全国簡易水道協議会)
  • 治山林道必携(日本治山治水協会、日本林道協会)
  • 公園緑地工事の積算(経済調査会)
  • 造園修景積算マニュアル(建設物価調査会)
  • 橋梁架設工事の積算(日本建設機械施工協会)
  • 橋梁撤去技術マニュアル(北陸橋梁撤去技術委員会)

参考文献

  • 新土木工事積算大系の解説(経済調査会)
  • 土地改良工事工種の体系化と体系用語定義集(農業農村整備情報総合センター)
  • 建設機械等損料表(日本建設機械施工協会)
  • 施工パッケージ型積算方式標準単価表(国土交通省)
  • 推進工事用機械器具損料参考資料(日本推進技術協会)

製品構成&サポート体制

製品構成

基準オプション構成 対応基準
基本システム 基本システム+
国土交通省データ
国土交通省土木工事積算基準
(黄本+赤本)
オプションデータ 下水道データ 下水道用設計標準歩掛表
土地改良データ 土地改良工事積算基準(土木工事)
造園・公園データ 造園修景積算マニュアル
公園緑地工事の積算
森林整備データ 治山林道必携
上水道データ 水道事業実務必携
既設橋梁補修(補強)データ 橋梁架設工事の積算(橋梁補修)
橋梁撤去データ 橋梁撤去技術マニュアル
小口径推進(管推進工) 推進工法用設計積算要領
オプションプログラム 橋梁ライフサイクルコスト比較表
実行予算システム

保守サービス

保守サービスの内容および会員特典

サービス項目 保守会員 非会員 備考
各基準年度改定 ホームページダウンロード ×
自動アップデート ×
操作問い合わせ TEL フリーダイヤル 通常TEL 会員様
優先対応
FAX
E-Mail
積算アドバイス ×
プロテクト破損時交換 × 年1回まで
優待価格による各基準データ提供 ×

年会費

80,000円(税抜)~ 導入される商品内容により金額が違います。
詳細は営業担当へお問合せください。
※単価サポート有りの場合、ご指定の1地区に対して、建設物価単価+土木コスト情報と積算資料単価+土木施工単価のデータ提供及び読み込み(平均、安値などの設定)、労務単価の入力を行い、すぐにご利用いただけるデータとして、年2回(4月、10月)ご提供致します。

動作環境

  • OS
    Windows Vista (32Bit版のみ)、Windows 7 /8/10(64Bit版の場合はWOW64上での動作)
  • CPU
    各OS推奨プロセッサー以上
  • ディスプレイ
    解像度1024×768以上
  • メモリ
    各OS推奨メモリ容量以上
  • HDD
    空き容量1GB以上(プログラム必要容量)

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった