基礎工

  • 杭基礎の設計Ver.7

    杭基礎の支持力計算、安定計算、断面計算、杭頭処理を一連で行い、擁壁、下部工の設計と連動します。

  • 杭基礎の設計(H24年道示版)

    「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編(平成24年3月)」に準拠し、水平力、鉛直力、回転モーメントの釣り合い式より変位を求める変位法により、安定計算を行います。

  • 杭基礎の耐震設計Ver.6

    「道路橋示方書・同解説(平成29年11月)」に基づき、杭基礎のレベル2地震時の照査を行います。

  • 杭基礎の耐震設計 (H24年道示版)

    「道路橋示方書・同解説Ⅳ下部構造編、Ⅴ耐震設計編(平成24年3月)」などに基づき、杭基礎のレベル2地震時の照査を行います。

  • 深礎杭の設計Ver.7

    震度法・レベル2地震時に対して深礎杭の設計が行えます。

  • ケーソン基礎の設計Ver.4

    レベル1地震時及びレベル2地震時における液状化の判定、安定計算、沈下計算及び側壁の部材設計を行います。

  • 置換え(段差)基礎の設計

    「道路土工 擁壁工指針」および「設計要領 第二集」に基づき、段切り基礎の設計を行います。