ボックスカルバート設計システム

ボックスカルバート設計システム
定価 100,000円(税抜)
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P69_pr_box
※電子カタログに移動します
プライムシリーズ
サポートサービス
prime_ss.pdf

製品概要

単ボックスの横断方向の設計を行うシステムです。

機能詳細

  1. 準拠指針は「道路土工 カルバート工指針」、「建設省制定標準設計」、「土木構造物設計マニュアル」より選択可能です。
  2. 活荷重は輪荷重と群集荷重を考慮することが可能です。
  3. 輪荷重はT-6、T-8、T-10、T-14、T-20、T-25、TT-43より選択できます。
  4. 活荷重の載荷方向を「カルバートと直角」、「カルバートと平行」より選択することが可能です。
  5. 前輪荷重を考慮することが可能で、前後輪間隔を任意に指定可能です。
  6. 水位は左右をそれぞれに入力できます。
  7. ハンチ自重を計算に考慮するしないの選択が可能です。
  8. カルバート上の舗装、路盤、盛土厚さ、重量を個別に考慮可能です。
  9. 静止土圧係数、鉛直方向土圧係数には準拠指針に記載の値以外を用いることが可能です。
  10. 底版反力は「部材軸線幅」、「部材全幅」のどちらでも計算可能です。
  11. 部材計算に用いる底版反力の計算に底版自重を考慮するしないが選択可能です。
  12. 組み合わせ荷重ケースを入力内容より自動的に設定します。
  13. 応力計算時の軸力を考慮するしないの選択が可能です。
  14. コンクリートの設計基準強度を選択すると自動的にコンクリートの許容応力度をセットすることが可能です。また、任意の許容応 力度を指定することも可能です。
  15. 一般部のせん断応力度照査位置を「2d点」、「h/2点」、「h/2点(ハンチ無視)」のいずれかより選択することが可能です。
  16. ピッチまたは本数を優先にした自動配筋ができます。

適用基準および参考文献

  • 「道路土工 カルバート工指針」
    平成22年3月(日本道路協会)
  • 「建設省制定標準設計」
    平成12年9月(全日本建設技術協会)
  • 「土木構造物設計マニュアル(案)」
    平成11年11月(全日本建設技術協会)

スクリーンショット

ボックスカルバート設計システム
[ 計算結果 ]

よくあるご質問(FAQ)

FAQは現在登録されていません。

必要なハードウェアとソフトウェア

  • OS
    Windows Vista/7/8/10(日本語版)
  • ハードディスク
    100MB以上
  • ディスプレイ
    1024×768以上の表示が必要
  • その他
    マウス、キーボード、CDドライブ

体験版申込みページへ

出力サンプルDLページヘ

オンラインショップへ

問合わせはこちらから