2次元動的解析Ver.4

2次元動的解析
定価 250,000円(税抜)
短期レンタル(単品) 45,000円(税抜)/月
ダウンロード 体験版出力例
製品購入 ネット購入FAX申込
カタログ P3_danalyz
※電子カタログに移動します

製品概要

システム概要

本システムは、2次元骨組構造物の動的解析を、構造物のモデル化から解析・照査まで行います。
一般的に動的解析は、構造物のモデル化・データ入力などが難解・複雑と考えられていましたが、モデル化支援ツールの装備などにより、これらの煩雑な手続きが簡単に行えます。又、任意でのモデル化も可能です。
本システムの主な特長は次の通りです。

  1. 3波平均による最大応答変位及び最大応答断面力の平均値が算出されます。
  2. 塑性回転角/せん断力/残留変位/塑性化を想定しない部材/最大塑性率などの安全率の照査を行います。
  3. 死荷重による影響を考慮した自重解析が行えます。
  4. 非線形静的解析が行えます。
  5. M-φモデル/M-Θモデルに対応しています。
  6. 仮想バネ部材について両端格点間の相対変位が出力できます。

他商品とのデータ連動

モデル作成支援機能利用時に、下記商品の【データ読み込み】ができます。

逆T式橋台の設計 形状データなど
RC橋脚の設計 形状データなど、鉄筋データなど
杭基礎の設計(Ⅰ) 杭種、地盤データなど
ケーソン基礎の設計(安定計算) 形状データ、地盤データなど

(!)商品名をクリックすると別ウインドウに商品内容を表示します。

適用基準・参考文献

適用基準

  • 道路橋示方書・同解説Ⅳ 下部構造編
    平成24年3月(日本道路協会)
  • 道路橋示方書・同解説Ⅴ 耐震設計編
    平成24年3月 (日本道路協会)
  • 道路橋の耐震設計に関する資料
    平成9年3月 (日本道路協会)
  • 道路橋の耐震設計に関する資料
    -PCラーメン橋・RCアーチ橋・PC斜張橋・ 地中連続壁基礎・深礎基礎等の耐震設計計算例
    平成10年1月 (日本道路協会)
  • 設計要領 第二集(橋梁建設編)
    平成24年7月 (西中東高速道路株式会社)
  • 平成9・10年度 耐震ソフトウェアに関する研究委員会報告書
    平成11年4月 ((財)土木研究センター)
  • 動的解析と耐震設計 第2巻 動的解析の方法
    平成元年7月 (土木学会)
  • 建築振動理論
    平成8年10月 (大崎順彦著・彰国社)
  • 振動解析
    平成11年2月 (平岡克巳著・朝倉書店)

機能および制限

解析方法

  1. プッシュオーバー解析(非線形静的解析)
  2. 固有値解析
  3. 時刻歴応答解析
    • モード解析
    • ニューマークβ法・線形
    • ニューマークβ法・非線形

復元力モデル

部材・バネ・支点の復元力特性は以下の8種類から選択可能です。

  1. 線形モデル
  2. バイリニアモデル
  3. Cloughモデル
  4. 武田モデル
    • トリリニアモデル
    • バイリニアモデル
  5. 武藤モデル
  6. 移動硬化型モデル
  7. Ramberg-Osgoodモデル
  8. Hardin-Drnevichモデル

減衰モデル

減衰タイプは以下の3種類から選択可能です。

  1. ひずみエネルギー比例型減衰(モード減衰)
  2. Rayleigh減衰
    • 減衰図の作成
  3. 剛性比例型減衰

モデル化支援ツール

モデル作成支援として以下の機能を有しています。

  1. 径間自動設定
  2. 上部工(コンクリート橋)の自動モデル化
    • プレテンションPC床版橋
    • プレテンションPCT桁橋
    • ポストテンションPCT桁橋
    • ポストテンションPC箱桁橋
  3. 上部工(鋼橋)の自動モデル化
    • 板桁橋
    • 箱桁橋
  4. 下部工の自動モデル化
    M-φ、M-θモデルの分割数の設定条件の改善と許容曲率、降伏曲率の設定
    • 「道路橋の耐震設計に関する資料」によるM-φ、M-θ
    • 「道路橋示方書Ⅴ参考資料」によるM-φ、M-θ
    • 「ネクスコ 設計要領2集」によるM-φ、M-θ
  5. 基礎工の自動モデル化
    • 岩盤上の直接基礎
    • 直接基礎
    • 杭基礎(集中バネ<弾性> 骨組バネ<弾塑性>)
    • ケーソン基礎(集中バネ<弾性> 骨組バネ<弾塑性>)
  6. 定型断面(矩形、矩形中空、円形、円環、T型)の部材定数の計算

データ連動

モデル作成支援機能利用時に以下の他製品とのデータ連動が可能です。

  1. 逆T式橋台の設計 Ver.4
  2. RC橋脚の設計 Ver.5
  3. 杭基礎の設計ⅠVer.5
  4. ケーソン基礎の設計(安定計算) Ver.4

設計地震動

レベル2地震動、レベル1地震動の地震波が入力できます。
また、振幅調整した加速度波形のもととした強震記録を装備しています。

計算機能

  1. 固有値解析ができ、モード減衰を算出します。
    2次元動的解析_固定値
  2. 3波平均による最大応答変位及び最大応答断面力の平均値を算出できます。
    2次元動的解析
  3. 塑性回転角、せん断力、残留変位、塑性化を想定しない部材、最大塑性率などの安全性の照査を行います。
    2次元動的解析
  4. 死荷重による影響を考慮した自重解析ができます。
  5. 非線形静的解析ができます。
    2次元動的解析
  6. M-φモデルに加え、M-θモデルも対応できます。
    2次元動的解析

動作環境

  • OS
    Windows Vista・7・8
  • プロテクト
    USB

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった