機能アップ情報

SUPER ESCON Plus Ver3

  • 間接工事費で交通規制補正の見直し(施工地域補正が加算から乗算に変更)に対応しました(国交省)。
  • イメージアップ経費の名称を「現場環境改善費」に改め、経費率の見直しに対応しました(国交省)。

砂防施設(えん堤・ダム)設計システムST版 2016.1.0

  • 『国総研資料 第904号 砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)解説(平成28年4月)』、『国総研資料 第905号 土石流・流木対策設計技術指針解説(平成28年4月)』に対応しました。
  • 安定計算において任意荷重を考慮可能になりました。
  • 計算対象を本えん堤と副えん堤より選択可能にし、副えん堤の場合は土石流重量、土石流流体力のどちらを考慮するか選択可能にしました。

砂防施設(えん堤・ダム)設計システムEX版 2016.1.0

  • 『国総研資料 第904号 砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)解説(平成28年4月)』、『国総研資料 第905号 土石流・流木対策設計技術指針解説(平成28年4月)』に対応しました。
  • 安定計算において任意荷重を考慮可能になりました。
  • 計算対象を本えん堤と副えん堤より選択可能にし、副えん堤の場合は土石流重量、土石流流体力のどちらを考慮するか選択可能にしました。

任意形擁壁設計システム EX版 2016.1.0

  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説「水路工」に記載の許容鉛直支持力度の計算式に対応しました。
  • 任意荷重を分布荷重としても入力できるよう改良しました。
  • 擁壁前面側に張出部を設ける場合に、地覆高まで土砂高を考慮できるよう改良しました。

任意形擁壁設計システム ST版 2016.1.0

  • 土地改良事業計画設計基準及び運用・解説「水路工」に記載の許容鉛直支持力度の計算式に対応しました。
  • 任意荷重を分布荷重としても入力できるよう改良しました。
  • 擁壁前面側に張出部を設ける場合に、地覆高まで土砂高を考慮できるよう改良しました。